快適すぎる! アウトバック長距離インプレッション

この度、友人が B 型のアウトバック

Limited を購入しました。

 

先日のスキー(観光)旅行で高速道路も

含めた区間を運転させてもらったので、

そのインプレッションをお送りします。

 

走行ルート

私がハンドルを握った区間は、福島県は

南会津の湯野上温泉(南会津)から

国道 289 号を通って白河へ、

そこから東北道で佐野サービスエリア

までの区間。

 

シチュエショーンとしては山坂道あり、

街路あり、高速道路ありさらには

事故渋滞に出くわすという、まさに

試乗にはうってつけ?のコースです。

 

実走レポート

遮音性向上

乗車してドアを閉めると、

重厚感のある「バフッ」という音とともに

外界の音がかなり遮断されます。

 

静粛性は我が BR レガシィより

向上していると感じます。

 

ドライビングポジション

最初は少し時間をかけてドラポジを調整。

愛車の BR と似たポジションですが、

いくらか座面が高くなっているようです。

 

アップライトが好きな私なので

これは好印象です。

 

視認性

ワゴンと違う車高とあいまって、

前方の見晴らしは良好です。

ボンネットや斜め前の見切りも良いですね。

 

走行性能

では、アクセルオン。

相変わらずボディの重さを

感じさせないほど軽やかに走り出します。

 

ただ、SI ドライブを I(Intelligent)

モードにしていても若干アクセルワークに

気遣いが必要です。

 

乱暴に踏むとガツンと

飛び出してしまう感じで、

この辺はもう少しマイルドに

味付けても良かったのかな

という印象です。

 

山坂道

クルマは白河へ向かう山坂道へ。

SI ドライブは敢えて「I」のままにして

しばらく坂を登ってみましたが、

こちらも過不足なくこなしてますね。

 

満を持して「S」モード。

アクセルの付きが段違いに良くなり、

俄然元気に登っていくようになります。

 

パドルを使って積極的に

シフトをチェンジすると

なかなか楽しめますね。

 

私の BR よりかなりスポーティな

印象です。

 

重心が高いはずなのに

コーナリングでは日常域の

走行では全くそれを感じさせない

素晴らしい安定感だと思います。

 

街路走行

お次は白河へ下りての街路走行。

あまり狭い道は走りませんでしたが、

この辺の印象は特に私のクルマと変わらず。

拡大したボティの大きさを

感じることはありませんでした。

 

むしろ、ストップ&ゴーを軽やかに

こなしてくれるので、より軽快感を

感じることができたのは意外でした。

 

高速道路

そしていよいよ初高速。

合流加速も「I」で十分です。

 

早速 EyeSight を設定して巡航開始。

まず感じるのがとても静かなこと。

 

合流時もエンジン音が微かに入ってきた

程度でしたが、巡航時は本当に静か。

 

先代に比べるとロードノイズが

かなり減っていて一クラス上の

クルマに乗っている感じです。


スポンサードリンク

乗り心地

続いて高速での乗り心地について。

 

Limited は 18 インチホイール。

今回はスタッドレスを装着しているので、

若干柔らかいのでしょうが、

それでも少し硬めの印象です。

 

ただし、今回はまだ納車から

一ヶ月もたっていないので、

もう少し距離を稼いで、

こなれてからまた乗ってみたいですね。

 

かく硬めな乗り味ではありましたが、

小さなギャップなどはしっかり

足廻りが動いてくれているようで、

不快に感じるほどではありませんでした。

 

アイサイト

アイサイトは  Ver.3 となり、

同じバージョンを搭載する

レヴォーグと同様に巧みな

制御になっているという印象。

 

我がレガシィ Ver.2 で時々感じる

ヒヤヒヤ感はほとんどなく、

安心して乗っていられます。

 

渋滞に遭遇した時も、

適切な車間距離をとりつつ、

前車に付かず離れずの絶妙な走行で、

これには本当に唸らされました。

DSC08877_R

渋滞も快適

 

アイサイトを使っての試乗中、

インパネのセンターディスプレイの

EyeSight 情報表示で

ちょっと気づいた点。

 

まずレヴォーグのディスプレイを

御覧ください。

IMAG2612_R

 

で、アウトバックのはというと、

DSC08876_R

ちょっとわかりにくいですが、

アウトバックは車間表示部分に

自車を示すマークがあります。

 

このマーク、自車がブレーキ制御を

行うと、連動してブレーキランプが

点灯するようになっています。

 

ここを注視していると、

結構頑張ってエンジンブレーキなどで

減速している様子も垣間見ることができ、

EyeSight 制御の素晴らしさを

再確認することができます。

 

インプレッサ、XV 系では

インパネセンターにある

ディスプレイでこの表示を

行っていますが、アウトバックは

メーター内にあり視認性は良好。

 

ちょっとしたことですが、

これも私にとっては好印象でした。

 

まとめ

というわけで、

かなり長文で書いてしまいましたが、

惚れた弱みといいますか、

悪いところは見つかりませんねぇ。

 

今回の試乗で購買意欲が

より一層高まっただけでした(笑)

 

したっけ。

 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “快適すぎる! アウトバック長距離インプレッション”

  1. […] 過日の夢見心地のエントリーから現実へ… […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ