SUBARU XV D 型試乗レポート

本日はスバルディーラーへ。

その目的は、

年次改良を受けた XV の試乗です。

ということで早速レポートを。


スポンサードリンク

グレード

ご近所さんのディーラーに

やってきた試乗車は 2.0e-S Eyesight。

今回新しく追加されたグレードです。

しかも本日ナンバーが付いた、

試乗車としてもホヤホヤの個体です。


新グレードとは言いつつも、

実質はこれまでの 2.0i-S EyeSight の

後継グレードです(i → e)。


パワートレインが e-BOXER に変わったため、

グレード名も変わったという事ですね。

外観チェック

パッと見た感じ、あまり変わった印象はありません。

ライトまわりはアダプディブドライビングビームなど

新機能追加に伴って見た目が

変わっています。

「SUBARU」のロゴも

また、リアコンビの配色も若干変更があります。

試乗レポ

内装は配色などほぼ同じのようなので

省略して早速試乗レポを。


……改めて書こうとしましたが、

従来型との違いがよくわかりません。


足回りのセッティングは

若干の修正が入ったそうで、

ギャップなどの当たりが柔らかく

感じるようになったかなぁと

思える程度。


そもそも、乗り味としては

かなり良い印象でしたので、

それがちょっと熟成された、

という感じでしょうか。

アイサイト ツーリングアシスト

ということで、今回の目玉である

これを試します(一般道での使用は非推奨です)。


新たに低速域でのステアリン補助も

行ってくれるようになりましたが、

ディーラー周辺の試乗程度では

その恩恵をしっかり味わうことは

できませんでした。


ただし、低速域でもしっかり

支援が入り、その制御の違和感のなさには

関心させられました。


できればこれを高速道路に持ち込んで

ガッツリ試乗してみたいものです。

お買い得グレードは?

自宅に帰ってから

カタログを見て思ったことを。


今回試乗した 2.0e-S Eyesignt と

最上級グレードである Advance の

差異が少なくなってますね。


その違いを具体的に上げれば、

ブルー内装の選択可否、

Advance なら専用色メーターに、

外装はメッキ調の装飾が有無など、

見た目中心となり、

パワートレイン等は全く同等に

なります。

2.0e-S Eyesight のメーター

そしてグレード間の差額は 55,000 円。

Advance にこの額に見合う価値の違いを

見いだせるかどうかというのが、

グレード選びの一つのポイントと

言えそうです。


ワタシ的には、Advance 専用カラーや

ブルー内装をゲットするために

この金額を喜んで払います。


というくらいに、Advance は

魅力的に映りました。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ