復活なったホンダ CR-V 実車チェック

本日は 10 月 1 日。

 

恒例の天下一品祭りに

参加したあと、

腹ごなしのために自転車をこいで

近所を一周り。

 

ちらっと見かけた

ホンダディーラーの新車を

見せてもらいました。

今年復活!

ホンダ CR-V はライトな SUV として

1995 年に誕生。

一時日本市場から撤退しましたが、

この程、再び国内復活を果たしました。

 

外装

では早速実車チェック。

まずはフロント。

どこかで見た顔ですね。

 

と言いますか、

ホンダ車は最近のトレンドに

乗ってフロントマスクで統一感を

出すようにしています。

 

個人的にはちょっと残念な

方向にいっちゃってるかなぁ

と思います。

 

この手の車で必要な

プレミアム感に乏しい感じが

してしまうのです。

 

そしてリヤ。

こちらはなにかの顔?

あるいは某北欧のクルマにも

見えますが、悪くないと思います。

 

内装

ただ、その印象は

中に入ると払拭されます。

この試乗車は上級の

EX-Masterpiece(FF 5 人乗り仕様)

というグレード。

 

シートはブラウン地の

本革使用(黒も選択可)と

なっていて高級感を感じます。

 

後部荷室(撮影失念)も

3 列シート対応とあって広々と

しています。


スポンサードリンク

嬉しい装備

このクルマのテールゲートは電動式。

従来どおりドアや運転席にある

スイッチで開閉動作ができる他、

キーを携帯してバンパー下に

足をかざすことによっても

開閉することができるように

なっています。

 

これはかなり便利ですね。

 

最近では国産でも

装備するクルマが

増えてきていますが、

我らがスバル車は

未だに採用されていません。。

 

グレード

今回は試乗はしませんで、

カタログ・価格表を頂いて

お店をあとにしました。

 

ということで、以下はカタログ情報。

 

グレード展開はメインの 2 つ。

  • EX
  • EX-Masterpiece

駆動方式(FF・4WD)、

ガソリンかハイブリッドで

それぞれ選べますので

結果として多彩な構成になっています。

 

さらにガソリン車はすべての

グレードで 5 人乗りか

3 列シートの 7 人乗りかを

選ぶこともできます。

 

価格帯

気になるお値段は

最安値となる EX(FF・5人乗り・ガソリン車)が

3,230,280 円。

 

なお、ガソリン車のエンジンは

1.5L ターボエンジンなので

税金という視点で見ると

ランニングコストが抑えられます。

 

一方の最高値はハイブリッドの

EX-Masterpiece(4WD)で

4,361,040 円。

 

※価格はすべて税込みです。

 

ナビ・ETC は標準装備!

今回関心したのが

ナビゲーション・ETC 2.0 が

標準装備だということ。

 

すなわち上記の車両本体価格に

含まれているということです。

 

国産車の場合、ナビは

オプションとなっているケースが多く、

この費用が結構バカになりませんからね。

 

このナビは通信機能も搭載しており、

いわゆる「コネクテッド」の

先駆けと言っていえるシステムですが、

この通信量も初回車検まで無料。

 

以降もホンダディーラーで

車検を受ければ無料で使えるそうです。

 

この辺のやり方は是非他メーカーさんも

参考にして欲しいところだと

思います。

 

※地図更新については初回のみ無料。

 

良くできたクルマです

ここまで見てきた範囲では、

結構うまくまとまってるなぁ。

という印象です。

 

あとは実際に試乗してみてどうか。

 

これはまだデリバリーされていない

ハイブリッドモデルが追加された

あたりで実際に試乗させて

いただければな、と思っとります。

 

したっけ。



 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ