新型レガシィアウトバック国内販売延期の理由を推察

本日(2020年9月15日)、新型レヴォーグに

関して新たな情報が開示、

それに伴って Youtube では

新たな動画が多数アップされています。


それらを見ていて、

「お!」と思う情報がありましたので、

新型の国内販売が保留中の

アウトバックと絡めて書いてみます。


スポンサードリンク

フルインナーフレーム構造

まず肝となるのがこのキーワード。

新型レヴォーグでは、

新世代プラットフォーム SGP に加え、

この構造を採用することで

さらなる動的質感の向上を果たしているそうです。

生産ライン改良

「フルインナーフレーム構造」を

持つボディを生産するためには

工場の設備を更新する必要があるんだそうです。


恐らく、ちょうど今頃設備更新工事を

しているんだと思いますが、

このために同じラインで製造される

BRZ/86 は早期に受注がストップ

されたということのようです。

新型アウトバックは

で、本題。

米国で既に販売されている新型アウトバックは

実はレヴォーグに先駆けてフルインナーフレーム構造を

採用していたんですね。


すなわち、米国の工場では、

既にこれを作れる設備を有していたということで

日本でも間もなく作れるようになると。


もうお分かりですね。

新型アウトバックが国内で販売されなかった理由は、

「国内で作れなかったから」です。


逆に、今回の設備更新により、

このラインを新型アウトバック製造に

使えることが判明しました。


これにより国内販売の可能性が高まった

ということは間違いありません。

発売時期は?

では、いつ発売されるか?

ということについて、

某 Web 上の記事では 2021 年 3 月!


という情報も出ていますが、

これはワタシはないと踏んでいます。


その頃は、新型レヴォーグも

まだある程度の受注残を抱えている

と考えられ、アウトバックの生産は

それが落ち着いてから、

と考えるのが妥当と思えるからです。


タイミング的にも、3 月というと

現行の G 型が出てまだ間もないですから、

1 年位のインターバルを置いて

2021 年 9 月発表、10 月発売、

くらいが現実的な線かと考えます。

あくまで未確定ですよ

ということで、

アウトバック国内発売に

少し望みがつながったということで

個人的に嬉しく感じているところです。


最後に、あくまでこれは個人的な

推察によるものであることを

念押ししておきます。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ