トヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」

本日、トヨタが新しい形の

愛車「所有」サービスを初めました。


スポンサードリンク

サブスクリプションとは

まずは聞き慣れない人もいるかも

しれないこの言葉から。

 

「subscription」を直訳すると「購読」。

 

主に書籍で使われていた言葉ですが、

この意味を知ると

なんとなくそのサービスの

イメージが掴みやすくなると思います。

 

すなわち、定期発行の書籍のように

毎月定額料金を支払うことで

継続的にサービスを享受することが

できるというものです。

 

KINTO

さて本題。

これがこの程、トヨタ自動車が

初めた「愛車サブスクリプション」

サービスの名前です。

 

自分の意のままに飛ぶことのできる

「筋斗雲」がその由来とか。

 

毎月一定額を支払うことで

愛車を乗り続け、一定期間の後には

他のクルマに乗り換えができる、

というサービスで、月額料金には、

登録諸費用や毎年の自動車税、

定期メンテナンス、任意保険など

が全て含まれています。

 

利用者にとってシンプルで

分かりやすいというのが

最大の利点です。

 

具体的なサービスプランは

以下の 2 つ。

 

KINTO ONE

2019年3月1日から

提供開始予定のこちらは

大衆車クラスのクルマに

乗れるプラン。

 

対象となるのは以下 5 車種。

これらを 3 年毎に乗り換えることが

できます。

※()内は月額料金。

  • プリウス(49,788円~59,832円)
  • カローラスポーツ(53,460円~63,396円)
  • アルファード(85,320円~99,360円)
  • ヴェルファイア(81,000円~95,040円)
  • クラウン(97,200円~106,920円)

 

※価格は税込み

※装着オプションにより異なります

 

今秋をめどに対象車種を増やしていくようです。

 

KINTO SELECT

こちらが本日(2019 年 2 月 6 日)から

提供開始されたサービスです。

 

こちらではレクサスの

以下 6 車種が対象。

  • ES300h
  • IS300h
  • RC300h
  • UX250h
  • RX450h
  • NX300h

 

以上から好きなクルマを

選んで乗り、6 ヶ月ごとに

他のクルマに乗り換え可能。

 

その料金は全車種共通で

194,400 円となっています。

 

都内の一部ディーラー限定

なおこれらのサービスを扱うのは

当初段階では都内の一部ディーラのみ。

 

全国に展開されるのは

今年(2019 年)の夏以降となる予定です。

 

アレと似てる?

ここまでサービス内容を書いてみて、

ん?これってリースでは?

 

と思った私でありますが、

この KINTO という会社は

トヨタフィナンシャルサービスと

住友三井オートサービスが出資して

作られた会社ということですから

その見方で間違いないでしょう。

 

すなわち、実態はリースですけど

あたかも新サービスの如く

呼び名を与えただけということかと

思われます。

 

定着するでしょうか

ということで、

傍目には「クルマ所有の新しい形」

として提案されたこのサービス。

 

広く受け入れられるでしょうか。

注意深く見守って行く必要がありますね。

 

ワタクシ(個人事業主)としては

もともとリース肯定派でありまして、

こういったサービスでクルマを「所有」する

という形態は大いにありだと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “トヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」”

  1. […] トヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」 […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ