カーシェア試乗記 タイムズカーシェアで「N-BOX」

昨日のLRT建設現場調査

足として N-BOX を使いました。


タイムズカーシェア

借りた車両について

試乗レポートをお届けします。


スポンサードリンク

ホンダ N-BOX とは

N-BOX とはホンダのトールワゴン型軽自動車。

2019 年は日本一売れたクルマです。


今回はその理由なども探ってみます。

外観

大まかな形は他社トールワゴンと同じ。

顔とお尻で差別化を図っています。


この辺は各社様々ですが、

ワタシはまぁ好みの見た目です。

内装


インパネ回りはこんな感じ。

ほぼほぼプラスチックなのですが、

細部までしっかり作り込まれており、

安っぽい感じはありません。

後席も広々しているのはもちろん、

雰囲気の作り方が上手いですね。


普段の業務で目にしている

D 社の○ントと比較してみると、

旧型については質感がかなり低く、

新型になってやっと N-BOX とトントンか、

という印象。


ちなみに現行タン○は 2019 年、

この N-BOX は 2017 年誕生ですから、

当時、その差は歴然だったはず。

乗り味

ボディはそれなりに

剛性の高さを感じます。


流石にこのクラスで

しっとり感を出すのは難しく、

重心が高いためロールも大きめに

出ますが、許せる範囲です。


この辺も現行○ントといい勝負。

ただ、CVT 回りの制御、

ブレーキのタッチなどは

ホンダ製に軍配か。

加速がリニアでなめらかです。


また、ブレーキのタッチも

N-BOX に軍配。

停止直前にアイドリングストップが

働いても D 社のように

トルクがストンと落ちて

ブレーキが急に効いてしまう

あの嫌な感覚がかなり抑えられています。

静粛性

N-BOX でびっくりしたのが静粛性。

ECON モードで走ると

アイドリングストップが

働きますが、復帰時の

エンジン始動音がとても静か。


カーオーディオを少し大きめの

音量で聞いていたりすると

気づかない可能性があります。

HONDA Sensing

さらに感心させられたのが

運転支援装備の充実。


N-BOX は全てのグレードに

HONDA Sensing が標準装備。


「タン○もスマートアシストがほぼ

全グレードに標準装備ですよ」と

ツッコミが入りそうですが、

あちらはアダプティブクルーズコントロール

(以下 ACC)がオプション設定で

上級グレードでしか選べません。。

売れない理由がない

実は N-BOX の ACC は

低速域ではキャンセルになるなど

ちょっと惜しい点もあるのですが、

総合的にみてかなり良いできの

クルマであることは間違いありません。


しっかりとコストをかけて

作られているんだろうなぁという事が

よく分かるクルマです。


もしワタシが軽自動車を買うとしたら

まず選択肢に入るのがホンダになるでしょう。


もっとも、ワタシはトール系は苦手なので

選ぶなら間もなく登場予定の

N-ONE 辺りになりそうですが。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ