つながるクルマ「CONNECTED CAR」とは

本日はトヨタの「CONNECTED」に

ついて書いてみます。

※ワタシは「スバリスト」です(笑)

 

まだ実体験していませんので、

予習的にまとめております。

クルマの四大性能

クルマに求められる三大性能は、

 

走る、曲がる、止まる

 

ですが、

 

これに、

 

つながる

 

を加えましょう

ということでトヨタが

積極的に取り組んでいるのが

「CONNECTED」

という概念。

 

以下、詳しく説明してみます。

 

CONNECTED CARとは

先日同時に発表された

「クラウン」と「カローラスポーツ」が

これに該当します。

 

簡単に説明すると

「通信できるクルマ」

と言えますね。

 

これらのクルマには

DCM(Data Communication Module)という

車載用専用通信機が

標準搭載されています。

※通信インフラはKDDIのものを

利用するようです。

 

何ができるの?

では、「つながる」ことで

何ができるのかを説明していきます。

オペレーターサービス

24 時間 365 日、専任のオペレーターと

口頭でやりとりすることで、

以下の機能が利用できます。

ナビの目的地設定

行きたい場所を伝えるとオペレーターが

目的地を検索しナビに設定してくれます。

ホテルやお店の予約(クラウン限定)

オペレーターが目的地として

設定したホテル、レストラン、

国内航空券、レンタカーなど

の予約をしてくれます。

知りたいお店の電話番号案内

オペレーターに施設やお店の

名前を伝えるとその電話番号を

ナビに通知してくれるサービス。

 

ワンタッチで発信でき、

ハンズフリー設定した

携帯電話で通話することができます。

様々な検索代行

グルメ・レジャースポットや

天気予報、渋滞情報、スポーツの結果

などをオペレーターが検索、

結果をナビに送信します。


スポンサードリンク

LINEマイカーアカウント

チャットアプリ「LINE」の

友だちとして登録し、

ナビの目的地登録、ガソリンの

残量確認などができます。

 

エージェント(音声対話サービス)

ナビに話しかけるだけで、エージェントが

音声で答えて目的地や情報の検索をしてくれるサービス。

 

マップオンデマンド

新しい道路情報をダウンロードして

ナビの地図データを更新できるサービス。

 

高速道路などは最短で即日で

反映されるとのことです。

 

eケア(走行アドバイス)

警告灯点灯時、クルマの状態を

eケアコールセンター(または販売店)で

確認し、オペレーター(販売店スタッフ)を通じて

走行を継続できるかなどの判断など

適切なアドバイスを行います。

 

※eケアコールセンターは24時間対応

 

ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)

事故や急病時に、専門オペレーターが

警察や消防に取り次ぎ、迅速な

緊急車両の手配を行います。

 

エアバッグ作動時には自動でオペレーターに

接続し、安否確認をしてくれます。

必要に応じてドクターヘリの出動判断も

行ってくれます。

 

マイカーセキュリティ

リモート確認

クルマから離れていても、

ドアの開閉やハザードランプの

点灯状態などをスマホの専用アプリから

確認可能になります。

リモート操作(クラウン専用)

ドアロック、ハザード点灯、

オートアラームのON/OFFなどの操作を

スマホから遠隔で行うことができます。

 

MyTOYOTA ドライブ診断

ドライバーの運転傾向をもとに、

「エコな運転」「安全な運転」の

2 つの観点で自動診断し

採点とアドバイスをスマホに

配信してくれます。

 

3 年間無料!

とても多彩な機能が利用できますが、

なんとも凄いのはこれが 3 年間

「無料」で使えるという点。

 

4 年目以降は年間

12,000 円(カローラスポーツ、税抜)、

15,000 円(クラウン、税抜)の料金が

かかりますけどね。

 

その他条件

コネクティッドサービスを

最大限に活用するためには

T-CONNECT ナビが必要です。

 

クラウンには標準装備ですが、

カローラスポーツは

ディーラーオプションのナビを

装着する必要があります。

 

また、カローラスポーツでは

社外ナビも装着可能ですが、

そうすると一部の機能は

利用不可能となります。

 

また、LINEやMyTOYOTA などの

専用アプリをスマホに

インストールする

必要があります。

 

これは体験してみないと!

以上、とても多彩なことができるよう

なります。

この記事を書いているだけで

ワクワクしてきます。

 

そして何より凄いのは、

日本最大手のトヨタが

大衆車とも言えるカローラに

標準搭載としてきたこと。

 

これによって「クルマの IT 化」

の流れはどんどん加速して

行くことになるのでしょうね。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ