ワタシの愛車遍歴(トヨタ編)

某番組に触発されたわけではないですが、

今回はワタシが免許を

とってから所有してきたクルマを

つらつらと書いてみたいと思います。

コロナ EXiV

高校 3 年で免許はとったものの、

その後の学生時代は、

主に経済的理由でクルマを

所持することができませんでした。

 

で、晴れて我が愛車を手に入れたのは

就職が決まってから。

某ディーラーでの

営業車を兼ねるクルマとして

購入したのがこれでした。

 

既になくなっているモデルですが、

当時の流行りであった 4 ドアハードトップ

という形式のクルマ。

 

当時人気だったカリーナ ED の

兄弟車でこちらは少々地味な存在。

コロナ EXiV としては

2 代目のクルマです

(この世代で廃盤に……)。

 

ルーフは低くスポーティな

4 ドアという成り立ちですが、

兄弟車である 2 ドアクーペの

セリカと共通のパッケージですから、

後席の居住性は良くありません。

 

もっとも、多人数乗車などは

しませんでしたら

これで良かったんですけどね。

 

グレードは確か「TR-G」

当時スポーティなエンジンとして

定評があった「3S-GE」を

搭載していたモデルです。

 

社割で安く変えるから…

と最も高いグレードにして、

オプションも

「スーパーライブサウンドシステム」

というオーディオを選んだり…

 

その名に恥じず

なかなかキビキビと

走ってくれましたが、

今考えれば

営業車でハイオク仕様なんて

何考えてたんでしょうね……


スポンサードリンク

カルディナ

わずか 1 年半で某ディーラーは退職。

 

その後もしばらくコロナ EXiV には

乗っていましたが、

当時の冬のお仕事(スキー教師)の

ためには最適と言えるクルマでは

ありませんでした。

 

そのため、山ごもりの時には

実家のハイラックスサーフを

借りてました。

 

で、そんな状況を打破すべく、

EXiV 購入の 3 年後に買ったのが

カルディナであります。

カルディナとしては 2 代目のモデル。

 

残念ながらこのクルマも

3 世代目をもって廃盤に。

 

以降、トヨタからミドルグレードの

ツーリングワゴンは消滅しました。

 

以降、逆輸入ではアヴェンシス

というなかなか良いクルマも

ありましたがこれもとうとう廃盤に……

 

閑話休題。

 

実はこのころから

レガシィツーリングワゴンに

興味が惹かれつつも

当時はまだお付き合いの合った

旧職場の先輩から購入することに。

 

グレードは GT-T。

 

搭載エンジンは「3S-GTE」。

先の「3S-GE」にタービンを

付けたモデルです。

 

しかも駆動方式は 4WD。

 

ステーションワゴンではありますが、

足回りはほぼセリカ GT-FOUR というのに

惹かれた「私スキ」世代であります。

 

このクルマは冬山でも

大活躍してくれて

私自身もかなり好きなクルマでした。

 

トヨタ → スバル

その後、ワタシはスバリストになりました。

その理由を簡単に。

 

まず、当時からゲレンデといえば

レガシィという文法がありました。

 

山で出会った人のスバル保有率が

高く、思い切り感化されました。

 

ただ、当時はちょっと野暮ったいかな

というスバル車のイメージだったのですが、

それを思い切り覆すクルマが表れました。

 

それが、

レガシィ(BP型)であります。

 

※この画像は実際にワタシが
運転している愛車です。

 

このクルマにハートを

射抜かれたワタシは

スバリスト転向を

高らかに宣言することになりました。

 

スバル編につづく……



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ