タダで快適!高速走行可能な一般道路(関東近郊)

前回の記事

を受けまして、

合法的に時速 70km で走れる一般道を

関東近郊で探してみました。


スポンサードリンク

高速走行の定義

ここでの定義は制限速度が

時速 61km 以上の一般道路ということに

しておきます。


昔は「そんな道路あるかい!」

で済んだのですが、

最近は規制緩和でより高速で走れる道路が

出現しています。

国道 119 号 宇都宮北道路

栃木県宇都宮市~日光市を結ぶこの国道、

一部区間で最高速度が時速 80km です。

その区間は東北道宇都宮ICから宇都宮環状道路までの

バイパス区間。地図で示すと、

この道路。距離は 4.9km。


なお、我が自宅(埼玉県東部)の場合、

宇都宮へ至る新国道 4 号もかなり高規格であり、

法定速度は 60km となっていますが、、

(以下自粛)。

国道 408 号 鬼怒テクノ通り

千葉県成田市と栃木県塩谷郡高根沢町を

結ぶ国道。

その栃木県真岡市~宇都宮市のバイパス区間の

一部で最高速度が時速 80km になっています。

国道 464 号 北千葉道路

千葉県松戸市と成田市を結ぶ国道。

その一部、北総線(成田スカイアクセス線)沿いを

走る千葉ニュータウン付近の

9km の区間で自動車専用車線の

最高速度が時速 70km に設定されています

(上の地図のちょうど中央部分)。


ちょっと脱線。

この道路は従来の国道から一段低い

掘割の部分を走っていますが、

北総線との線路の間に

さらに空き地を見ることができます

(現在はソーラーパネル設置)。


この用地、本来は成田新幹線の線路が

敷かれる予定だったそうです。


新幹線計画が頓挫し、その用地の一部は

この先の成田スカイアクセス線に

引き継がれ現在に至ります。


この区間、かなり快適に走れますが、

我が自宅からのアクセスを考えると

ここまでの松戸~鎌ヶ谷の区間が

旧態依然の道路で結構ストレスたまります。。

さくっと高速

「無料で高速走行」はちょっと足を伸ばせば

実現可能ということが分かりました。


もっとも、

自宅最寄りには常磐道が走っており、

ちょっとお金を払えばいいわけですから

そこ手間を掛けるのはどうなのかな。

なんて、元も子もない結論になったり。


したっけ。








クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。