スバル アウトバック 2018 モデル(米国仕様)発表

昨日のニュースリリース(PDF)から。

 

スバル アウトバックの2018 モデル(米国仕様)が

ニューヨーク国際自動車ショーに展示されるそうで、

合わせてその主な改良内容が発表されました。

 

その内容を以下に列記してみます。

 

 デザイン

エクステリア

・ 新造形のヘッドランプとフロントグリルの採用

・ リヤバンパーのマットブラックのクラッディングを拡大、
フ ロントフェイスと統一感のあるデザインに

・ 18 インチアルミホイールは新造形に

・ 新造形の LED ターンランプ付ドアミラー を採用、
空力や静粛性、他車からの視認性を向上

インテリア

・ センターベントグリルとエアコンユニットを
一体的デザインとしたフラットな大型センターパネルを採用。
ディスプレイを 8 インチ化

・ ハイグロスブラックとシルバーフレームの
パーツを随所に採用 し、質感を向上

・ インストルメントパネルとドアトリムに
リアルステッチを採用

・ 立体的でスポーティなデザインの
新型ステアリングホイールを採用

・ フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを
採用し、遮音性能を向上

メカニズム <シャシー / トランスミッション>

・ サスペンション設定の最適化により、
操縦安定性と乗り心地を向上

・ 電動パワーステアリングの制御を最適化し、
より自然で滑らかな操舵フィーリングを実現

・ ブレーキ特性を変更し、剛性感の高い
しっかりとしたブレーキフィールを実現

・ エンジンや CVT 特性を変更し、メリハリの
ある気持ちの良い加速感を実現

安全

・ ステアリング連動ヘッドランプの採用

・ 後側方警戒支援システムのインジケータランプを
鏡面中からミラーサイドに移設

 

個人的感想

今回の変更は主にデザイン面に主眼が置かれているようで、

走行系については微修正にとどまるようです。

 

今年実施されると噂の EyeSight のバージョンアップは

その対象はレガシィではない模様……

 

ディスプレイの 8 インチ化は嬉しい所です。

これは日本モデルにも是非踏襲して

欲しいところですね。

 

この米国モデルは夏頃発売予定とのこと。

そこから何らの修正を経て、

国内仕様が発表されるのは

例年の動きを見ていると

恐らく 10 月頃になるのでは

ないかと予想されます。

 

※2017年4月15日 追記

国内モデルについて、アイサイトの

バージョンアップがされると言う情報が

舞いこんできました。

 

これが事実だとすると、

今年マイナーチェンジを迎える

レヴォーグと足並みを揃えて

ということになりそうです。

 

その内容はレーンキープが時速 0 kmから

可能になり、渋滞時にも車線維持

してくれることになります。

 

 

さらにアダプティブクルーズ

コントロールの設定速度域も

拡大(114 → 134km/h)されますね。

 

アイサイト Ver.3 → 4 への

変更はハード(ステレオカメラ)は

そのまま流用できるっぽいですから、

その十分可能性はあるかと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ