日産 「プロパイロット」見えてきた弱点

先日お送りしたこちらのエントリー

とりあえず初物ということで

あまり悪いことは書かないで置きましたが、

今日はちょっと厳しい視点から

ツッコミを入れてみたいと思います。

 

それは、雨問題。

 

スバルのアイサイトではワイパーが

高速動作する時に初めてレーンキープ機能が

OFFになりますが、プロパイロットは

これがワイパーが動作したとたんに

キャンセルになってしまうようです。

 

さらにワイパーが高速動作すると、

プロパイロットでは前車追従クルーズコントロールも

キャンセルになるようです。

 

つまりプロパイロットは

「雨が降ると使いものにならない」

と言えると思います。

 

私の愛車は Ver.2 のアイサイトですが、

よほどの豪雨でない限り、

クルーズコントロールがキャンセル

されることはありません。

 

「アイサイトは西日に弱い」という指摘もありますが、

Ver.3 では改善されているようですし、

単眼カメラであるプロパイロットではこの状況には

やはり弱いのではないかと想像できます。

 

この辺りは長らく自社でアイサイトのプログラム開発をし、

実走行での実験データを蓄積してきたスバルに

一日の長があるようですね。

 

ちなみに、プロパイロットの単眼カメラシステムは

「モービルアイ」という会社の製品だそうで、

プログラムもこの会社のものを採用しているようです。

 

ちなみにアイサイトでは、

カメラモジュールこそ外注品(日立オートモティブシステムズ製)ですが、

その制御プログラムは完全に内製だそうです。

 

と、少しミソをつけたところで、

プロパイロットのいいなと思った点を。

 

それは停止時の制御なんですが、

例えば、渋滞で頻繁に発進停止を繰り返す

という状況の場合、アイサイトでは停止から発進の際に

その都度復帰操作をしてあげる必要がありますが、

プロパイロットの場合は先行車が停止後 3 秒以内で発信した場合は、

操作無しで追従走行に復帰してくれるようです。

 

これはメーカーのポリシーの違いですが、

安全に振ったところがスバルらしいと感じますが、

プロパイロットのほうが理にかなっていると思います。

 

ということで、

想像のみで色々語ってしまうのはここまでにしておきましょう。

 

まぁ私個人としてプロパイロットのクルマを

買うことは多分ないですが、

一度は試乗してしっかり比較して見たいと思います。

ということで、

ご覧の関係者の方、私に試乗させていただけませんか?(笑)

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ