スバル レヴォーグ D型情報!

スバル車の話題です。

 

先日 New XV が発表されました。

XV の発売は 5 月とのことですが、

こちらとほぼ同じタイミング(2017 年 5 月 22 日)で

現行レヴォーグ(C 型)の受注が止まるようです。

 

ということは、恒例の年改良が

迫っているということですね。

 

ここではレヴォーグ D 型への

変更情報をいくつか仕入れて

まいりましたので以下に列記してみます

(発表前後まで随時更新していきます)。

 

※あくまで未確定情報ですので念のため。

 

エクステリア

  • ステアリング連動ヘッドランプ採用
    • LEDとなりハロゲン仕様は廃止
  • STI Sport を除くグレードでグリル変更
  • 一部ボティカラー廃止と新色追加

 

インテリア

  • マルチファンクションディスプレイ大型化
    (4.3 → 5.9インチに)
  • ファブリックシートにフロントシートヒーターオプション化
  • リヤシートの分割比率変更(6:4 → 4:2:2)
  • ステアリングスイッチ標準化
  • ナビゲーション画面大型化
  • 上記に伴いセンター、エアコンパネル形状変更

 

足回り系

  • アクティブレーンキープ(ALK)に
    渋滞時追従支援機能追加(0km/h ~)
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)の
    設定最高速度変更(114 → 135km/h)
  • 後退時自動ブレーキシステム(RAB)搭載
    • 後退時に衝突回避または衝突被害軽減
  • フロントビューモニター(オプション)
    • フロントグリルにカメラ、前方左右の映像をMFD表示
  • スマートリヤビューモニター(オプション)
    • リヤゲートガラス上部室内側にカメラ
      車両後方の映像をリヤビューミラーに表示

 

通例通り、かなり大掛かりな変更となるようです。

 

ワタクシ的に一番注目しているポイントは

やはり EyeSight の改良ですね。

 

これが Ver.4 かどうかはまだ判明していませんが

アイサイトは Ver. 3 のままで据え置きとなる模様。

ですが、かなりの性能向上ですね。。。

 

ALK の使い勝手向上も嬉しいですし

それよりも ACC の設定速度上限が

上がるというのが意外で嬉しいニュース。

 

これが本当なら、高速道路での

「もうちょっとスピードが……」

というもどかしさが解消されることになりますね。

 

間もなく 100km/h 以上で走れる高速道路も

誕生しますからそれに対応するのでしょう。

 

また地味に嬉しいのが

リヤシートの加倒分割比率変更です。

 

中央部分のみ倒すことができると、

ある程度スキー板を積んでも

後席に 2 人しっかり座ることが

できるようになります。

 

これは是非アウトバックにも

採用して欲しいところですね。

 

で、気になるその価格ですが、

C 型からは 5 万円程度のアップと

なることが噂されております。

 

D 型の受注開始は 2017 年7月の予定

とのことです。

 

ということは 3 ヶ月待たされるとしても

冬には間に合いそうですね……

 

私の狙いはあくまでアウトバックですが、

タイミングによってはこちらに…

ってこともあるかも。

 

※ 2017年5月22日 追記

ディーラーに D 型簡易カタログ?が

配布されている模様です。

 

※2017年5月27日追記

詳細スケジュールが明らかになりました。

発表が 7 月 3 日、発売が 8 月 7 日とのことです。

 

※2017年6月5日 追記

SUBARU より公式発表がありました。

が、その内容は

新型「レヴォーグ」「WRX S4」を本年夏に発表

にとどまり、具体的スケジュールなどは

掲載されていません。

 

なお、アイサイト機能向上を

大々的にプロモーションしていくようで、

専用のサイトも本日立ち上がっています。

 

※ 2017年7月4日 追記

予定通り昨日 D 型レヴォーグが発表されました。

発売は 8 月 7 日の予定です。

 

したっけ。

 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2 Responses to “スバル レヴォーグ D型情報!”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ