やっぱりデミオ(マツダ2)

本日、LEAVIT の回送業務にて

マツダ デミオを少し

長い距離(40kmちょっと)を運転しました。


※ デミオは今年のマイナーチェンジで
 改良を受け、名前をマツダ2
 変えましたが、レンタカーでは
 まだまだ主役は旧デミオです。


スポンサードリンク

関心

今回は宵闇迫る中、さらに渋滞にも

はまったりしながらの一般道ドライブだったのですが、

とにかくこのクルマ、乗った瞬間からの

違和感の無さが素晴らしいんです。

ドラポジ

毎回このクルマでは

調整がすんなり決まります。

操作性

ステアリング、アクセル、

ブレーキの操作について、

自分が思う分だけクルマが

動いてくれる印象。


例えて引き合いに出すなら

トヨタの ◯ッツは、

アクセルのレスポンスが

本当に最悪です。


あえてそういうセッティングに

しているのかもしれませんが、

運転していての気持ちよさ

というのが皆無です。


ここいら辺が次期◯リスでは

どのようになるのか、

期待したいところではありますが。

疲れにくい

そして、ある程度の長距離を走っても

疲れにくいというのは今回最も印象深いところ。

そもそものストレスが少なめなので

まぁこの辺も納得はできるもの。


意外に乗り心地は硬めなんですが、

それも不快ではないのは、

シートの出来の良さなどもあるのかと。

次期型では

デミオの段階で、

ACC(アダプティブクルーズコントロール) や

AVH(オートヴィークルホールド)に

頼らずともこれだけの質感を持っていますから、

これが次世代型へフルモデルチェンジと

なれば果たしてどれだけ良くなって

しまうのか。


それがとても楽しみです。

スバルのコンパクト

一方で、もし今のスバルならこの

クラスでどんなクルマを作れるんでしょうね。

そんな願いは叶いそうにないですが、

いつか日の目をみることを期待して……


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。