New レガシィ アウトバック、ヤバいくらい欲しい!

いよいよ、本日発表されたスバルの

フラッグシップモデル「レガシィ

(国内ではその立場は危ういですが)。

 

今回のラインナップからは

ツーリングワゴンが消え、

SUV モデルの「アウトバック」と

B4(セダン)の

二本立てとなりました。

 

早速試乗車チェック

レガシィアウトバックの

試乗車が近所のディーラーに

入庫したと連絡をいただき、

午後にお邪魔してきました。

 

「クルマはあるがナンバー登録が済んでいない」

とのことでしたので、

試乗はお預けだったのですが、

とにかくその姿を早く

見たかったので勇み足で。

(明日の内覧会は混みそうですしね。。)

 

※以下レビューはアウトバックのものです。

 

そのクルマは店頭の

分かりやすいところにありました。

アウトバック

カラーは「ディープシーブルー・パール」

 

とりあえずの感想は

「大きくなったなぁ」の一言。

 

エクステリア

周囲を一周。

横から見た伸びやかなスタイルが

魅力的ですね。

DSC05542_R

 

先代モデルはアウトバックと

ツーリングワゴンで作り分けをしており、

フェンダー周りの造形で

その差別化を図っていましたが、

今回は専用ボディとなったため、

デザインの自由度が増した印象です。

 

全体的にバランス良く

まとまっていると思います。

 

ボディ色によって印象は

変わるのかもしれませんが、

大変好みのスタイルであります。

 

その造形を目の当たりにしてみて

印象はさらに良い方向へ増幅されました。

 

そして見慣れてくると、

「この大きさでも十分扱えるよな…」

との思いが強くなりました。

 

インテリア

レヴォーグより大人な印象で、

個人的にはやはりこちらの方が

しっくりきます。

 

あちらのスポーティな感じも

悪くないのですが、

インプレッサとほぼ共通な

構造のため目新しさに

乏しいかなと思ってしまうんですよね。

 

アウトバックは先代モデルを

さらに洗練させた感じで、

落ち着きの中にもかすかに

高めた高級感があり、それがいやらしく

主張してこないもの好印象でした。

ステアリング

アイサイトのスイッチ回りも大きく変わりました

 

DSC05546_R

 

インパネ全体を撮り忘れたのですが、

こちらも伸びやかでゆったり感が

ありました。

 

ナビゲーション

ディーラーオプションの

7 インチディスプレイのものが搭載されていました。

 

このサイズではちょっとさびしい感じですが、

パナソニックの 8 インチも選択できるようです。

 

また、メーカーオプションのナビが

設定されていますが、こちらは

7 インチの画面の脇にボタン等が

配置されているようで、

カタログ画像を見る限り

バランスは良いようです。

 

ハーマンカードンサウンド

システムとのセットとなり、

それなりのお値段(税抜 30 万円)となります。。

 

リヤシート

お次はリアシートについて(画像撮影失念)。

 

ボディサイズに余裕が

あるだけに前後・左右の広さも十分。

 

そして、もちろんエアコンの

吹き出し口もついています。

 

レヴォーグではこれが

省略されていますので、

後席の快適性では圧倒的に

こちらが有利でしょう。

 

また、前後全席に

シートヒーターが標準装備され、

運転席パワーシートの

メモリー機能も標準装備です。

 

うーん、太っ腹。

 

そして、荷室は若干狭く

なったかなという印象です。

 

タイヤハウスの出っ張りが

大きくなっています。

左後部にあるべき小スペースは

オプションのパワーリヤゲートの

駆動部で占められています。

DSC05544_R

用品装着直後だったとの事。。

 

グレード

今度のアウトバックは

グレード名なしのノーマルなアウトバックと

「Limited」という 2 グレード展開になりました(B4 も共通)。

 

このクルマはノーマルの方です。

「Limited」はほぼフル装備状態で、

選択できるオプションといえば

サンルーフとハーマンカードン…のみ。

その内容を見るとかなり

お買い得と言えるでしょう。

 

というか、ノーマルグレードでも

装備はかなり充実しており、

一通りのものが標準で

ついています。

 

エンジン

エンジンは 2.5L NA の一種類。

 

外国向けに展開される

3.6L の NA エンジンは

国内未採用となりました。

 

2.5L エンジンも先代からの

継続採用(FB25)ですが

8 割の部品を入替えて、

性能・燃費の向上が

図られているということです。

 

まとめ

ということで、

いつになく長文でお送りしてきましたが、

私のこのクルマに対する愛情が

分かっていただけたでしょうか。。

いま手元に十分がお金が

あったら思わずハンコを

押してしまいそうな思いに駆られました。。

 

とにかく一旦頭を冷やしつつ(笑)、

来週には試乗可能になる

とのことですので、

また走って見た上での

感想などを述べてみたいと思います。

 

したっけ。

 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ