絶滅寸前?トヨタのステーションワゴン

今日は、何気なく

トヨタWebサイトを見ていて

気づいたことを書いてみます。

ワゴン大好き

ワタクシはレガシィに

3 代乗り継ぐ前には

トヨタの「カルディナ」という

クルマに乗ってました。

 

すなわちステーションワゴンを

4 台乗り継いだことになります。

 

トヨタのステーションワゴン

ふと「トヨタのワゴンって何種類あるのかな」

と思い、Web サイトの「ラインナップ

ページから「ワゴン」にチェックを

入れて見ると。。。

 

ということで、

今回は希少?となった

現時点で新車で手に入る

トヨタ製ツーリングワゴンを

ご紹介してみます。

 

カローラフィールダー

こちらは相方様も乗ってまして

親近感のある一台。

 

以前の記事でも書きましたが、

「カローラ」の名で海外進出も果たしましたが、

現在、日本で販売している、

「アクシオ(セダン)」と

このフィールダーは国内専売モデル。

 

ボディも 5 ナンバーサイズに留めるため、

プラットフォームも海外製とは異なる、

ものを採用するなど実はまったく別物の

クルマです。

 

※ただし、来年のフルモデルチェンジで

3 ナンバーになるのでは?

という噂もあります。

 

プリウスα

もう一台が意外だったこのクルマ。

プリウスの多人数乗車バージョン、

すなわちミニバンかと思いきや、

2 列シートの5 人乗り

というグレードもあるのでした。

 

もっとも同じボディ形状ですから

これをワゴンとくくってしまうのは

違和感しかないんですが……

 

さらにプリウス「本体」?が

フルモデルチェンジを受けましたが、

この「α」については

先代モデルの継続販売。

 

いつなくなってしまっても

不思議ではない存在です。

 

かつては……

ということで、

該当したのはたったの 2 種。

 

多数のラインナップを誇る

国内最大手のトヨタであっても、ですよ。

 

あれ?「アヴェンシス」があるじゃない?

と思ってたんですが、このモデルも

今年(2018 年)4 月に日本での

販売を終えていたのでした……

 

ちなみに、以前の愛車「カルディナ」は

さらに遡ること 2007 年にモデル消滅

しております。。

 

さらに遡ると、

カローラフィールダー

(当時はワゴン)の兄弟車として

よりスタイリッシュな

「スプリンターカリブ」というモデルも

ありましたね。

 

ちなみに、ライトバンである

「サクシード」には当初

乗用車モデルも存在しましたが、

これも 2013 年に廃止になっています。

 

ワゴン卒業

かくも寂しくなったトヨタのワゴン。

 

かつて「レガシィツーリングワゴン」が

火付け役となった日本でのワゴンブームは

いつの間にか下火となり、

当のレガシィも先代モデルで

ワゴンモデルを廃止してしまいました。

 

ということで、

ワタクシもこれと時を同調するように

レガシィツーリングワゴンから

卒業したわけであります。

 

次は順当にいくなら

「レヴォーグ」なんですが、

「レガシィ」への思いが

強いワタシの次期

購入候補はあくまで

「アウトバック」

なんであります。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ