SUBARU ネタ。

レヴォーグ・フォレスター(SPORTS)で

採用されている新型エンジン CB18 を

搭載する車についての注意点を。


新型レガシィアウトバックを購入する

ワタシの予習としても。。

CB18 エンジンとは

まずざっくりと解説。

CB18 エンジンとは SUBARU 最新の

直噴ターボを搭載する 1.8L エンジン。

リーンバーン(希薄燃焼)を実現し、

低燃費とパワーを両立、とのこと。

※リーンバーン=理論空燃比より薄い混合比(少ないガソリン)で
 燃焼させること。

※ここで言う「低燃費」は他メーカーとは
 基準が異なります……

ときどきは高速走行を

さて本題。

CB18 エンジン搭載車の取扱説明書を見ますと、

こんな表記があります。

※ SUBARU 各車の取扱説明書は、
 公式サイトやスマホアプリ「MY SUBARU」で
 ダウンロード・閲覧することができます。

このエンジンは、リーンバーンで発生する

排ガス成分(NOx)の浄化のため、

LNT という NOx 吸蔵還元触媒を

採用しています。

この触媒はガソリン成分にわずかに

含まれる硫黄成分が堆積します。


この硫黄成分は高速走行時すると

自然除去されるそうですが、街乗り

中心で使用して硫黄分が一定体積した場合、

先の取説にある警告灯が点灯するそうです。

70km/h で 5 分

この警告灯が点灯した場合は、

時速 70km 以上で 5 分走行することで

硫黄分は除去されるそうです。


具体的には 18,000 km 毎に一回この作業を

とのことなので、よほどの事がないかぎり

この警告は出ないでしょう。

高速走行出来ない場合は

万が一、街乗りユースオンリーの場合

(レヴォーグの場合考えにくいですが)、

高速道路を使わずに、

70km/h 以上で 5 分走行ってのは

合法的になかなか困難であります。


そんな場合は、ディーラーに持ち込んで

強制的に除去をしてもらえるそうです。

ただしこれは有償整備となるそうで。。


また、許容範囲以上硫黄が蓄積してしまった

場合は交換修理が必要となる可能性が

あるとのこと(高額)。

レギュラー推奨

もう一つ。

このエンジン、

指定燃料がレギュラーガソリンと

なっています。


ハイオクでは、本来の性能が発揮できず、

始動性・燃費などが悪化する

ことがあるんだとか。


レギュラー仕様にハイオクは

たまにやっている人を見かけますが、

このエンジンに関しては NG のようです。

心配りを

ということで、留意点を書きましたが、

通常の使い方をしていれば、

まず問題は発生しないはず。


心の隅に置いといて、

日々の快適ドライブを楽しみましょう。


したっけ。