2020日本カーオブザイヤー10ベストカー決定

今年は色々ありましたが、

もう日本カーオブザイヤー(以下 COTY)の

時期がやってまいりました。


今回は最終候補 10 台(10ベストカー)が決定した

ということでそれぞれのクルマについて、

勝手に思うところを書いてみます。

※ 「日本…」ということで、対象は
 国産車のみにしておきます。


スポンサードリンク

SUBARU レヴォーグ

私情を思いきりつっこみますが、

今年の大本命ではと睨んでおります。


次世代アイサイトとさらなる

運転支援機能を盛り込んだ

アイサイトXをこの価格帯で

実現したという意義は大きいかと。

トヨタ ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス

この三者を一括にしちゃうのは

いかがなものかとは思いますが。。


ともあれ、ワタシは日々業務で

触れているクルマですが、

そこまでのインパクトはないかなぁ

という印象。


このクルマも新たなプラットフォームを

手に入れて走りの質感は良くなりましたが、

それ以上に細かなコストダウンが

目についたのが個人的にはマイナス点。

日産 キックス

一応日本では新型ということになってますが……

既に海外では 4 年前から売ってました。


さらに見た目 SUV ですが、

AWD 設定がありません。


最近はこういうクルマも

増えているようですが、

個人的にはナシです。

ホンダ フィット

奇しくも発売がほぼ同時となった

ヤリスのライバル。


実際に運転したわけではありませんが、

そのスタイルとか佇まいとかは

ヤリスよりこっちの方が好みです。

マツダ MX-30

もともと EV 用として

開発されていたこのクルマ。


ベースは CX-30 と共通ですが、

内外装は新しい試みが見られる

意欲作だと思います。


が、そもそも EV として

世に出るはずのこのクルマ、

今年発売されたのはマイルドハイブリッド。


当の EV は来年発売、ということですから、

評価はその時でいいのではないでしょうか。

個人的なカーオブザイヤー

もう書いてしまいましたが、

ワタシの独断と偏見で選ぶ

カーオブザイヤーは、、、

SUBARU レヴォーグ

ということになります。

アイサイトX、早く体験してみたいです。



さて、結果はどうなりますでしょうか。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ