ゲレンデエクスプレスとしてのレヴォーグ評価

本日はスバル レヴォーグネタ。

 

先日、以下のロングドライブの

レポートで主に乗り味についての

感想を書いてみました。

レヴォーグ 2.0 STI Sport(D 型)ロング試乗!

 

今回はこのクルマを

ゲレンデに行く手段として

利用すると……

という視点でまとめてみました。

三人旅

先日のスキーツアーでは

レヴォーグに乗車したのは

私を含めた 3 人。

 

すべての道具は板も含めて車内積み。

大晦日から 1 月 2 日までの

2 泊 3 日でしたので付随する荷物も

それなりに多くなりました。

 

ちょっと厳しいかも

まず結論なんですが、

車内積みという条件をつけると、

3 人でもちょっと窮屈感が出ます。

 

以下、その理由を具体的に。

 

居住スペース

まずいちばんがこれ。

今回は助手席側の後席をたたんで

スキー板を積載しました。

 

私の板が少し長い(170cm)せいも

あるのですが、

板をのせた状態ですと、

助手席に座った私が快適と

思える位置まで後方に

スライドすることができませんでした。

 

後方視界

3 人分の荷物を積むと、

上方向に積み上げることが

必要となるため、

結果として後方の視界が

若干スポイルされる形になります。

 

※このクルマにはスマートリヤビューミラーが

装備されていてそれを代替することは

できます。

 

2 人までなら快適

ということで、

このクルマで快適にゲレンデアクセスを

とお考えの方には

中積み派の方が快適に道中を

過ごすには 2 名乗車までと

いうことになるでしょう。

 

後席をすべてたたんでしまえば

かなり余裕のあるスペースが

生まれますし、スキー板を

斜めに積むことで

前後方向への専有も

ある程度抑えることができます。

 

これ以上の人数を乗せる場合は

キャリア、ルーフボックス等で

板を外積みすることを

検討されたほうがよろしいかと

思われます。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ