2020-21 滑走日誌 No.03 猪苗代スキー場

昨日の話題です。

ようやくホームゲレンデ

猪苗代スキー場」へ行くことができました。

それも久しぶりの日帰り強行軍で。


スポンサードリンク

シーズン券引換

西駐車場にクルマを止め、

まずは今シーズン稼働はない予定ですが、

お世話になったスクールにご挨拶。


その足でスキー場事務所のある

「さんすい」へ。

スキー場事務所はこれまでの

センターハウスばんだいから移転。


建物はシーズンイン後の今も改装中で、

レストランはそのためお休みとなっています。


事務所にてシーズン券を受け取り、

購入金額の半額をキャッシュバックとして

受け取りました。

滑走開始

ということで滑走開始はゆっくりめ。

今回は新たなアトラクションを

できるだけチェックするのが主目的。


とは言え、コンディションはなかなか

良好なので楽しく滑ることは大前提で。

クリアドーム

まずは新施設のこちら。

文字通りのクリアドーム

本当に「クリア」です。

天気が良ければ気持ちよそうです。

反面、外からも丸見えなので

利用にはちょっと勇気も必要になりそう。


今回は見学のみにして、

実際の利用は次回以降に。

幻のリフト×2

ところで、

現地に行って驚いたのが、

このリフトが動いていたこと。

おそらく現在は「はやま第6リフト」という

名前(旧はやま第2リフト)のようです。


比較的新しくかけ替えられたこのリフト、

運行停止となり久しかったですが、

ついに復活です。

数秒ですが証拠動画も上げておきます。

このリフトははやま第1リフトからスムーズに

乗り継ぎ可能で、搬器も新しく快適なため、

復活は嬉しい限り。


今後、週末を中心に運行されるようです。

このリフトからは、

かつて天の庭コースの上までかかっていた

旧第4リフトの残骸も間近で見ることが。

この旧第4への乗り継ぎも便利でした。


※昨シーズン大活躍した第5も動いていました。

これらリフトの詳細については

こちらの記事を。

ランチ

新しい施設は次回以降にということで、

先シーズン営業していなかった

スノーハウスいなわしろ内、

レストランはやまにて。


ワタシはシーズン券特典のワンコインカレー(500円)、

相方様は定番のとろとろ親子丼(1,100 円)。

先シーズン仕事で何度も味わったカレー。

今年はワンコインで噛み締めます。。

幸せの鐘

午後はミネロエリアへ。

初心者コブなどで汗を書きつつ、本来の取材?を。

ミネロウェストコース上部には、

どこかで見たような鐘が。

幸せになれそうなのでしかと鳴らしておきました。

氷瀑テラスの絶品〇〇

午後のおやつタイムは、

ミネロ中腹の氷爆テラスにて。

プリン(300 円)は本格派。

コーヒーなどで気軽に休憩もできます。


しかもこちらはフルサービス。

優雅な気持ちも味わえます。


メインは焼肉。

セットは 1,300 円から。

こちらの料金も最近値下げされ、

納得できる価格に。

まだまだ新魅力

今回見ることができたのはここまで。

まだまだ新たな魅力はあります。


さらには「雪上テント」なども登場。

これもチェックしなくては……


次回以降のレポートにご期待ください。

解凍・食事

滑走終了後は西駐車場隣の

猪苗代観光ホテルで日帰り入浴(500 円)。


街なかのスーパーにておみやげ

せんべやさんのあげまんじゅうを

購入して来夢 猪苗代店にて夕食。

「来夢」は喜多方ラーメンのチェーン店ですが、

かなり美味しいと思います。

魅力たっぷり

かくして1日で猪苗代をたっぷり味わいました。

とはいえ、日帰りはやはり忙しないです。

次回は、じっくり泊まりで行きますよ。。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “2020-21 滑走日誌 No.03 猪苗代スキー場”

  1. […] 本日のお昼ごはん。ミネロエリアに遠征し中腹の氷爆テラスへ。前回、ティータイムによりましたが改めまして。店内は落ち着いた雰囲気。このご時世で座席配置もゆとりをとってある […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。