追憶の廃リフト in 猪苗代スキー場

つい先日、こんな記事を書きました。

猪苗代初滑りは幻のリフトで!?

(2016/12/26 現在、猪苗代スキー場は

さらに深刻な雪不足のため全山でリフト運休……)。

 

書きながら、

「昔はもっとリフトが架かってたよなぁ。」

と思い、私の記憶の中にあって

今は廃止されたリフトについて書いてみます。

 

昔日のマップ

廃止されたリフトをゲレンデ

マップに書き出してみました。

画像中の赤ラインがかつて存在した、

もしくは今運休となっているリフトです。

 

これらの中から番号をふった 2 本の

リフトについて書きますが、

その前にざっくりゲレンデのコース拡大史を。

 

ざっくり猪苗代スキー場のゲレンデ史

現在、中央とエリアというに別れており、

一時期は経営が別れていたりしましたが、

もともとは一体のスキー場でした。

 

当初、今でいうところのミネロエリアで

コースがあったのは赤埴大回転コースのみで、

このコースにはリフトがなく、

画像の青色で示した部分には

コースがありませんでした。

 

すなわち、今回焦点をあてる

2 本のリフトは、赤埴大回転

コースを滑るために設置された

ものでした。

 

では、 1 本ずつその詳細について語ってみましょう。

 

①大沢リフト

ミネロ第3乗り場付近から東坂山頂付近まで

かかっていたシングルリフト。

 

赤埴大回転コースを滑ったあと、

中央エリアに戻るためのリフトです。

 

このリフト脇にある大沢コースは

なかなか開放されませんが、

深雪がなかなか楽しいコースです。

 

廃止は 2007 年春。

 

②第4リフト(旧称)

中央エリアのトップにかかっていた

シングルリフトです。

 

ミネロエリアオープン以前は、

赤埴大回転コースを

滑るためにはこのリフトに乗り、

山頂から獣道然とした連絡路を移動

する必要がありました。

 

山頂からそのまま「天の庭」コースを

滑ることも可能でしたが、

2011 シーズンをもって廃止となった

現在はミネロエリア(第4リフト)から

逆のルートで連絡路を渡ってくる

必要があります。

 

かくもアクセスに難ありですので、

このコースはいつも空いていて、

超穴場となっています。

 

現在の利便性は……?

このように、

ミネロエリア開放により格段に

便利になったように思う一方で、

ミネロ → 中央エリアへの

移動が若干不便になってしまっています。

 

かつての大沢リフトに乗ればふりこ坂上部へ

登れましたので特に苦労はなかったのですが、

現在のルートは山頂の狭い連絡路と、

一番下の延々と続く緩斜面のみ。

 

山頂連絡路は狭く、アップダウンもあり

難易度が高いため、初心者さんなどは

下部連絡を選ぶしかないのですが、

そうなるとほぼ真っ平らに近いコースを延々と

漕がされることになり、結構な体力を消耗します。

 

このお陰で中央とミネロである程度の棲み分けが

できているという見方もありますが、

このスケールを存分に楽しんでこそ

猪苗代の価値があると思いますので、

 

せめて大沢リフトだけでも復活してもらえないかと

思う今日このごろであります。

 

※中央・ミネロ間にはシャトルバスの運行があります。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “追憶の廃リフト in 猪苗代スキー場”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ