フォレスター特別仕様車 X-Edition のターゲットは?

まずはお詫び。

昨日はブログ更新をさぼりました。

ごめんなさい。


では、本題。

先日スバルより発表された

フォレスターの特別仕様車について。


スポンサードリンク

X-Edition

この特別仕様車は「Premium」グレードを

ベースに、内装にアウトドア向けに装備

(撥水シート、撥水仕様のカーゴボート等)を装備、

外装は暗めのパーツを各部に採用し

差別化したモデルとなっています。


一言、「渋くまとめたな」と言う印象ですね。

大人の X-Break

この特別仕様車の発表当初、

「X-Break があるのに、

なぜ似たコンセプトの特別仕様車を

追加してくるんだろう?」

と思っており、特段も魅力を

感じていないワタシがいました。


その理由がどうやら、

「X-Break の若々しさを

受け入れがたいお客さんがいる」

という事のようで。


内外装に散りばめられたオレンジの

差し色に抵抗を示す方がいらっしゃるんでしょうね。


ということで、この X-Edition は

いわゆる「大人」な方向けに、

しつらえた「X-Break」と言えるようです。



結構いい歳なのに

「X-Break でいいじゃん」

と思ってしまうワタシは

精神年齢の低さゆえなのでしょう。。


でも、次に買うアウトバックは、

ちょっと背伸びしてブラウン内装!とか

決めてたりするんですけどね。


いずれにしても、

このように選択肢が増えるというのは

今後のユーザーさんにとっては嬉しいことで、

国内においてフォレスターが

基幹車種になりつつあることが分かります。


その一方で我がアウトバックは……

なんて愚痴は今回は自粛しておきましょう。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ