スバル レガシィのリコール情報(2018年11月1日)

少し古い話題になりますが、

2018 年 11 月 1 日

SUBARU からこんなリコールの発表が。。

コンビメータコントロールユニット

今回の不具合箇所です。

具体的にどこかといいますと、

メーターパネルの表示を

司るコンピュータ。

 

リコールの内容は、

演算プログラムが不適切なため、

燃料残量警告灯が規定の残量で点灯せず、

メータ内ディスプレイに過大な

航続可能距離を表示することがある。

そのため、

運転者が航続可能と認識し

運行を続けた場合、燃料が無くなり、

車両が停止するおそれがある。

ということのようです。

 

幸いこの不具合による

事故などの報告は上がっていないようです。

 

対象車種

レガシィ アウトバック・B4 の 2 車種で、

平成 29 年 10 月 2 日~ 平成 30 年 8 月 2 日に

製造されたもので対象台数は

アウトバックが 6,742 台、

B4 が 1,903 台となっています。

 

※アプライド D 型が該当するようです。


スポンサードリンク

改善内容

当該プログラムを書き換えることになります。

作業自体は大掛かりなものとは

ならないようですね。

 

エンジン不具合は対象外

なお、同日に発表された

エンジンのバルブスプリングの

不具合については、

対象エンジンが 2.0L 限定のため、

2.5L エンジンを積むレガシイは

対象外となっています。

 

※対象車種

 

リコール頻発

ということで、立て続けに

不祥事やリコールが明るみに出ている

SUBARU ですが、ここで一気に膿を

出し切ってしまい、生まれ変わって

欲しいと思っております。

 

私のアウトバック購買意欲は

この問題で削がれるはありません。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ