東武「スノーパル 23:55」も今季は 500系(リバティ)!

今年の 4 月にお送りした記事で

東武の夜行列車に新型車投入という

話題をお送りしました。

東武「尾瀬夜行23:55」今季は500系(リバティ)で運転!

 

そして間もなく迎える

スキーシーズンと言えば

「スノーパル2355」でありますが、

やはりこの列車も 500 系で

運転されることが発表されました!

スノーパル 23:55

2018 年 11 月 1 日、東武鉄道から

こんなリリースがありました

(リンク先はPDF)。

 

要約すると、

今シーズンの「スノーパル 23:55」は

尾瀬夜行から引き続き

500 系「リバティ」で運転。

という内容です。

 

東武夜行について

今更ですが、東武鉄道が運行する

夜行列車についての説明。

 

会津方面

週末を中心に運転され、

春~秋は「尾瀬夜行 23:55」、

冬は「スノーパル 23:55」として

運転されます。

 

運転区間は浅草~会津高原尾瀬口。

乗車可能な駅は、

浅草、北千住、新越谷、春日部。

 

武蔵野線からの乗り継ぎを考慮してか、

昼間の特急列車が通過する

新越谷に停車するのは嬉しいですね。

 

日光方面

2016 年に 18 年ぶりに運行再開されました。

紅葉の見頃となる 10 月の運転が中心。

 

使用車両は 100 系「スペーシア」です。

こちらは 6 両編成で

個室車両もありますので

ゆったり寝ていくことも可能です。

 

首都圏側の停車駅は会津方面夜行と共通。

 

これに合わせて帰りの特急も

新越谷に止めてくれると嬉しいんですけどね……

 

また、今年(2018 年)は

JR 新宿発の夜行も運転されたようです。


スポンサードリンク

ツアー商品として発売

さて、この「スノーパル 23:55」ですが、

今季も運賃、特急料金と

会津高原尾瀬口からたかつえ or だいくら

までのバス・リフト券がセットになった

ツアー商品として発売されます。

 

なので、この列車のみの

利用はできません。

 

運転日

今シーズンは 2018 年 12 月 28 日(金)からで

主に金、土曜日に 26 本が

運転される予定とのこと。

 

運転時刻

浅 草 23:55 発
北千住  0:10 発
南越谷  0:26 発
春日部  0:42 発
会津高原

尾 瀬 口

 5:28 着

 

冬季運転となるこの列車は

除雪時間帯確保のため

途中の新藤原で

長時間停車するようです。

 

会津高原尾瀬口からの

各スキー場への

連絡バスはどちらも 6:00 発で

たかつえ着は 6:30 頃、

だいくら着は 6:50 頃と

なっています。

ツアー代金

以下は一例ですが、

たかつえ A プランですと、

浅草発 おとな 8,520 円(こども5,320円)です。

※帰りの特急料金は別途必要。

 

発売開始

東武トップツアーズ のツアー商品

として販売されます。

前売りは 2018 年 11 月 28 日(水)から開始、

運転当日の 17 時まで購入可能とのこと。

 

複数乗車でお得

このツアーに参加すると

初回にスタンプカードがもらえ、

ツアー参加ごとにスタンプを

ゲットすることで、

  • スタンプ3つ達成:昼食+1ドリンク無料。(スキー場限定メニュー)
  • スタンプ4つ達成:次回、スノーパルAプランに、1,000 円で参加可能。

という特典も得られます。

 

今シーズン、おそらくクルマなしとなる

私にはちょっと気になるプランですが、

高畑の選択肢が無いんですよねぇ……

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ