今日はちょっと心配な天気予報。

果たしてレッスンは……?

曇りのち……

今日もゲレンデは裏磐梯スキー場

天気は曇り、気温高め。

コースは圧雪されていますが、

少し雪は緩んでいます。

午前のレッスン

レッスンは 2 時間。

初心者班ということで、

プルークからのブレーキ、

リフトに乗る前に注意事項を

確認していよいよリフトに乗車。


恐怖心が勝ってしまうのか、

どうしても言うことが聞けずに

腰が引けてしまう生徒さんが数名。


その後はなるべく緩斜面を選んで

レッスンを展開しようとするも、

他の学校さんもどんどん出てきて、

思うようにコースどりができません。


必死(さとられないように)にトークで

つなぎつつ、プルークファーレンから

プルークボーゲンへの発展へと

展開していきます。

ランチ

今日の昼食もど定番メニュー。

1 月から 2 月にかけては

ランチのカレー率が急上昇します。。


今日はたくさんの学校さん

(少なく見積もっても 7 校)が

殺到するのでレストランを専有する時間も

ごくわずか。


慌ただしいランチとなりました。

午後のレッスン

午後から新たな学校さんがレッスンを開始。

当然ながらゲレンデ下部、

リフト乗り場は大混雑。


まず、一発目にリフトで上に上がってからは、

つぼ足での登行を繰り返して

あらゆる条件の斜面を

プルークボーゲンで滑ってもらいました。


と、その途中から雨粒が……

勢いはありませんでしたが、

帽子、ウェアなどはそれなりにしっとり。


やはり雨のスキーは少しテンションさがりますね。

ですが、生徒さんはお構いなし、

ターンができたのが相当嬉しいのが、

滑走ペースがどんどん上がっていきました。


本来ならリフトを使ってどんどん距離を

滑らせて上げたいんですけどね……

大混雑の予想

今回の学校さんも明日の午前 2 時間で

レッスンは終了します。

最後はできるだけ距離を滑らせてあげたいと

思っていますが、今日レッスン開始した

学校さんもリフトに集中すると

思われます。

果たしてどうなることやら。

人手不足

ところで、今日の運行リフトは

第1と第2の 2 本。


これだけの生徒さんが集まるのだから、

第3も動かして効率化を、

ということで我がスクールの校長が

スキー場に直談判しにいったそうですが、

その回答は「リフト係がいない」とのことで、

運行はなし。


こういうところでスキー場の評価って

決まるような気がするんですけが、

なんとかならないものでしょうか。


したっけ。