東武「尾瀬夜行 23:55」今季は 500系(リバティ)で運転!

今回は鉄道ネタ。

いよいよ東武の夜行列車でも

世代交代となる模様です。

 

尾瀬夜行 23:55

本日、東武鉄道から

こんなリリースがありました

(リンク先はPDF)。

 

要約すると、

今シーズンの「尾瀬夜行 23:55」は

500 系「リバティ」で運転。

という内容です。

 

改善点

昨シーズンまでは

300 型という数世代前の

車両で運転されていました。

 

これが新しい車両に置き換わることで、

リクライニングシートとなり、

各座席に電源コンセントを装備、

さらに無料 Wi-Fi も完備

されるということで

かなりのサービス向上が

図られます。

 

従来車は背もたれが固定

されたシートで、

そもそも、夜行列車なのに

座席がリクライニングしなかったって

いつの時代の話だよと……

 

ともあれ、

劇的に車内環境は

改善されることとなり、

これによって

乗客の増加も見込まれるのでは

ないかと思います。

 

少なくとも

同業者(鉄道ファン)で

乗る人は増えるでしょうね。

 

ツアー商品として発売

さて、この「尾瀬夜行 23:55」ですが、

今季も運賃、特急料金と

会津高原尾瀬口から沼山峠

(福島川の尾瀬登山口)までを

結ぶバスの運賃がセットになった

ツアー商品として発売されます。

 

なので、この列車のみの

利用はできません。

 

運転日

今シーズンは 2018 年 6 月 1 日(金)~

10 月 12 日(金)までの

金、土曜日に 27 本が

運転される予定とのこと。

 

運転時刻

浅 草 23:55 発
北千住  0:10 発
南越谷  0:26 発
春日部  0:42 発
会津高原

尾 瀬 口

 3:18 着

会津高原尾瀬口からの

連絡バスは 4:20 発で

沼山峠着は 6:10

 

新越谷から乗れるのは

私を含め武蔵野線沿線ユーザー

にはありがたいですね。

 

で、東武さん。

上り特急も何本か

止めてもらえませんかね……?

 

ツアー代金

以下は一例ですが、

往復(特急+バス)利用で

浅草駅発着ですと、

大人 11,300 円、こども 5,800 円

とのこと。

 

発売開始

東武トップツアーズ のツアー商品

「東武の尾瀬」プランとして、

前売りは 2018 年 5 月 11 日(金)から開始され、

運転当日の 17 時まで購入可能とのこと。

 

希少な夜行列車

今回の変更によって、

車両数も 4 → 3 両と

なり座席数が減ることに

なります。

 

競争率が高まりそうですので、

乗車希望の方はお早めに

手配をした方が良いかもしれません。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ