赤羽駅の「無人キヨスク」に行ってみた!

鉄?な話題を。

 

先月(2018 年 10 月)より赤羽駅で

試験運用中の無人決済店舗に

行ってみましたよ。

入店待ちは

場所は赤羽駅の 5、6 番線ホーム。

湘南新宿ラインが発着しています。

 

一度に店内に入れるのは 3 人までと

なっていて、運用初日には

相当の待ち行列ができたようですが、

本日の訪問時(11:15頃)は 3 名待ち

(2人は係員)。

待つこと数分で入店できました。

 

※今回の運用では同時に

店内に入れるのは 2 名と

しているようです。

 

先のお客さんが決済エリアに

入るころあいで次のお客さんを

入れるという感じでした。

 

店内はこんな感じ。

店内での撮影はNGということで

入店前に入口手前から撮影。

 

入店方法

カード読み取り機にICカードを

タッチするとドアが開きます。

 

 

※使用できるのは交通系ICカード。
現時点で Apple Pay には未対応。

 

品揃えは

店内、陳列はゆったりとしています。

品揃えは通常のキヨスクよりも

少ないかも。

 

スイーツ、ベーカリー系は

KINOKUNIYA の商品で

ちょっとお高めとなっております。


スポンサードリンク

使い勝手は

では入店後の流れを。

 

商品 2 点(ペットボトルの紅茶と

バームクーヘン)を手にとって

決済エリアへ。

 

決済画面上には

手にした商品の一覧と数量が

表示されています。

 

なぜかバームクーヘンの数量が

なぜか「0」となっていたので

これを「1」に修正。

信頼性はまだまだのようで。。

 

数量・合計金額を確認して

ICカードを読み取り部にタッチ。

 

決済が完了するとレシートが

出力され出口のドアが開きます

(チャージはできません)。

 

レシートはこんな感じ。

下部に印刷された

2次元コードは利用者アンケート

を回答するためのものです。

 

システムは

この仕組はサインポストという

会社の「スーパーワンダーレジ」という

システムを使っています。

 

店内各所に設置されたカメラの

映像を AI で解析し、

お客さんが手にとった商品の

認識から決済まで行える仕組み。

 

決済エリアには備え付けの

ビニール袋もありますが、

手にとった商品を持参したバッグ等に

入れてしまっても認識は

可能とのこと。

 

こんな時代が来ましたか……

 

店舗情報

最後に「行ってみたい!」という方への

情報提供を。

 

運用期間は:2018年10月17日から2ヶ月程度。

場所:赤羽駅 5、6 番線ホームの中程

営業日:平日のみで土日祝はお休み

営業時間:10:00~20:00

 

試験運用ということで、

営業時間は限定的で

またそのシステム制約上

ラッシュ時は営業しないようですね。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ