Android 搭載の国産車いよいよ登場!

本日は日本車の未来が大きく

揺らぐ可能性を秘めた

ニュースについて書いてみます。

Google と自動車三社アライアンス提携

さる 2018 年 9 月 18 日に

こんなニュースリリースがありました。

要約すると、

ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合は
「Android」をベースとするインフォテインメント
システムを車両に搭載するための複数年契約をGoogleと締結

ということのようです。

 

ナビメーカーが独占していた

国産車のインフォテインメントシステムに

いよいよ Google が乗り込んできます。

 

※ インフォテインメントシステムとは
ナビゲーション、オーディオ機能などを
提供するシステムのこと。

 

具体的には……

OS として Android を採用する高度な

インフォテインメントシステムをルノー、

日産自動車、三菱自動車の車両に搭載して

いくとのこと。

 

このシステムでは、

Google アシスタント、Google マップ、

Google Play ストアを含む数多くの

サービスを提供し、遠隔での

ソフトウェアアップデートが可能で

車両診断機能も組み合わされる。

ということのようです。


スポンサードリンク

どういう影響が?

今後、この三社のインフォテインメント

システムには順次 Google と共同開発の

ものが搭載されることになります。

 

ということは、

既存メーカーのシステムは

排除されていくということです。

 

さらに既にシステムとして

確立している Google の

ものをクルマに持ち込むことになりますので、

トヨタがこの夏にぶち上げた

コネクテッドなシステムなどよりは

数段先を行く使い勝手に

なることは想像に固くありません。

 

簡単に言うと、Android スマホが

クルマに搭載されるという認識で

あながち間違いではないと思います。

 

他メーカーは?

このニュースは 2 日前に

だされたものなので

他メーカーがどう対抗していくか、

あるいはこの流れに

乗っかっていくのかは

定かではありませんが、

日本の車業界にとって

大きなエポックとなったことは

確実と言えるでしょう。

 

個人的には……

とりあえずは、

私が好きな自動車メーカーが入っていませんので

しばらくは静観しつつ、

従前のナビメーカーなどが

どのような動きを見せるかということについては

しっかりと見守って行きたいと思います。

 

したっけ。



 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ