現代に生き続けるハーフシートカバー

本日は今では懐かしい(と思われる)

クルマの用品の話題を。

白いレースの……

業務にて街なかをドライブしていますと、

対向から New クラウンが。

 

最近、台数が増えてきて

見慣れてきたせいか、

「おぉ、かっこええ…」

と思うようになりつつも

よくよくみると、

シートには白いレース模様が。

 

今では珍しい(と思われる)

ハーフシートカバーを装着されて

クルマでした。

 

そして車体の前後には「紅葉マーク」。

なんか妙に納得しちゃいました。

 

とは言え、旧車ならまだしも、

最新型にこれって……

と違和感を感じた今日このごろです。

 

純正品があります

「もしや、まだ純正品が?」

 

と思い、公式サイトを調べてみますと、

「若返りを図った」とされる

New クラウンにもトヨタ純正品が

しっかり用意されていました。

 

そのお値段、なんと 62,100 円(税込み)。

こちらもクラウンの車格に

見合うお値段となっているようで(笑)

 

また新世代ベーシックカーとして

若者に売りたいはずのカローラスポーツにも

しっかりとラインナップされておりました。

そのお値段は 17,280 円。


スポンサードリンク

我がスバル アウトバックは

さて、では将来の

我が愛車、アウトバックは?

と思い、カタログを

調べてみますと、

やっぱりあるんですね。

こちらのお値段は 17,820 円(税込み)と

クラウンよりは良心的なお値段。

 

誰が使うの?

ちなみにハーフシートカバーに

対する私の認識は、

サイドバイザーと同じくらいに

「その必要性を感じない」

ということですが、

用品としてラインナップ

されているということは

それなりに需要があるんだろう

ということだと思います。

 

ここでまた疑問が。

 

「いったいどんな人が

使ってるんだろう?」

 

今回見かけたような

お年を召した方以外で、

「ハーフシートカバーがないと!」

という方がいらっしゃれば、

是非とも教えていただきたいなぁ

と思う今日このごろです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ