スキー業界の販促活動 次の一手は?

クリスマス三連休は仕事。

 

そして明日は休みですが、ちょっとした用事

(後日ブログに書きます)があるため、

今週はスキーはお休み。

 

もっとも、ゲレンデの雪もまだ少ないようですから、

しっかり休んで年明けの高畑デビューに

焦点を合わせつつ本日のエントリー。

 

取り上げるのは我らがマックアースの

一ノ本社長さんの本日のブログエントリーについて。

 

あれ、珍しく長文だなぁ。

と思ったらちょっとアルコール分を含んだ文章のようです(笑)

 

まとめさせていただくと、

「業界の皆さん、販促活動が的外れじゃないですか?」

ということかなと。

 

この業界、販促といえばイコール選手対策と

言われていますが、これら選手の知名度が著しく低い

我が国においては違うやり方をした方が良いのでは。

 

とのこと。

 

「もっと裾野を広げてみましょうよ」という提案で、

昔の話としてサロモンの話題を挙げています。

 

私も大いに載せられた口なのですが、

大学生当時、サロモンの一社提供で

テレビ番組「SKI NOW」ってのが放送されていたんです。

 

これが当時のスキーバブルに大いに貢献したことは

間違いないでしょう。

 

栄華をほこったサロモンも大グループの傘下になりさがり、

往時を知るものとしては寂しい限り。

 

恐らく現状では一社でテレビ番組を

スポンサードできる会社などはないでしょう。

 

なので、業界全体で、

さらに裾野を広げるべく活動をした方が良いのでは

という一ノ本社長の意見なのですが、

これにはまったく同意であります。

 

最近では、団塊ジュニア世代(とそのファミリー)を

狙った販促活動などを展開しており、

某プリンス系の子供リフト無料などは

まさにこの線を狙ってますね。

 

これはなかなか有効な策かと思います。

独身子無しの私には無縁ですけど。

 

で、次に打つべき点は。

 

といいますと、

「すでにガッツリ普及している

ネットをもっと活用しましょうよ」

 

ということです。

 

例えば、スキー関連(他のジャンルもありますが…)の

エントリーを書いている私の弱小ブログや SNS なども

草の根活動レベルですけどそれなりに

活用価値はあるのではないかと思うのです。

 

結局、何が言いたいかといいますと、

メーカーの皆さん、金欠の私に

道具を格安で(タダでとは言いません)提供してくれませんか。

 

ってことです。(笑)

 

※思い切り馬鹿げたことを書いてしまいましたが、

一応シラフです……

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ