スバル「アイサイト」に強力ライバル!?日産 「プロパイロット」とは?

スバリストかつアイサイト推しの私に気になるニュース。

 

本日発表された日産のニュースリリースによると、

今夏(2016 年 8 月下旬)フルモデルチェンジを迎える「セレナ」に

同一車線自動運転技術「プロパイロット」を初搭載するとのことです。

 

今日はこの技術について我らがスバル「アイサイト」と

比較しながら書いてみたいと思います。

 

まず、この「プロパイロット」ですが、

一言でまとめると、高速道路や自動車専用道路で、

同一車線上の運転を自動的に行うシステム

といえるでしょう。

 

※実際には一般道路でも使えそうですが、

ここはスバルと同様に非推奨となるでしょう。

 

さて、この「プロパイロット」は「アイサイト」となにが違うのか?

 

まず機能面でみると、

走行速度 0 ~ 約 100km/h までの間で、

同一車線の中央走行を保持しつつ、

前車に追随走行するということ。

 

「アイサイト」との違いは車線中央維持機能が

使用可能な速度域です。

 

アイサイトのそれは動作下限の速度が

約 65km/h となっています。

 

すなわち、高速道路でもちょっと流れが滞りがちだったり、

渋滞にハマってしまったり、という状況や、

最高速度が 60km/h 以下の一般道路などで、

この機能を使うことはできません。

 

この点が「プロパイロット」最大の優位点で、

ここを猛烈にアピールしてくるでしょう。

 

※2016/07/14 追記

プロパイロットの車線中央維持機能について補足です。

この機能は「約 50km/h 以下では先行車がいる場合のみ作動」

となっています。

 

次にシステム面で見ると、

この技術を単眼カメラで実現しているという点。

 

アイサイトはステレオカメラですから、

システムにかかるコスト面で考えると、

搭載機器を単純化できるプロパイロットは

この面でも優位に立つことになります。

 

人気のミニバンである「セレナ」に初めて載せてくるといったあたりも、

世間の一般レベルの人達に

「背伸びしなくても手に入りますよ~」という

強いアピールポイントになるでしょう。

 

いよいよ「技術の日産」の面目躍如といったところでしょうか。

誕生の暁にはどれほどの性能をしめすか、ぜひ試乗してみたい思います。

で、スバルのアイサイト。

まぁ、黙ってみていることはないでしょう。

 

恐らく少し遅れるとは思いますが、

同じ機能を追加したものが発表されると思います。

 

今回の日産のこの発表が、

スバルに良い刺激を与えてくれるに違いありません。

 

ということで、

願わくば自動運転機能付き次期アイサイト搭載の

アウトバックを買いたいぞー!

を思いを新たにする私がいたりします。

 

最後にちょっと物言い。

 

先ほどの Web サイト を見てちょっと引っかかった点。

 

複数のページで「自動運転」という表現を使っておきながら、

注意書きには読みにくい薄いフォント色で

運転操作を支援するためのシステムであり、

自動運転システムではありません。

なんて書いてあるのはいかがなものかと。

 

これぱっと見た人は絶対に誤解を招いてしまう

表現だと思うんですが、問題はないのでしょうか。

 

したっけ。

2 Responses to “スバル「アイサイト」に強力ライバル!?日産 「プロパイロット」とは?”

  1. […] │スバル「アイサイト」に強力ライバル!?日産 「プロパイロット」とは? >> […]

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ