スキーと私 Part 1 イントラになるまで

さて、11 月とも思えない気候が続いておりますが、

私も本業?のスキーモードをそろそろ

起動させようと思います。

 

さて、今日お送りするのは私とスキーの関わりについて。

 

以下私事をつらつらと書いていきますので、

ご興味ある方だけついてきていただければ…

私のスキーデビューは小学 2 年の時。

場所は今はなき鶏頂山スキー場(栃木県)。

たしか、カブスカウトの合宿で訪れたんです。

この時はとにかく寒くて辛い思い出しかありませんでした。

(今となってはその記憶も曖昧ですけど)。

 

それから幾年月、高校 2 年の時に行った

学校主催のスキー合宿がめちゃくちゃ楽しくて

ここが私のスキーの原点と

なっていると言えるでしょう。

 

で、その後大学に入るわけですが、

よくありがちな「なんでもあり」なサークルに入り、

仲良くなった友達がスキー好きだったため

そこから飛躍的に滑走日数が増えることになります。

毎週末、あるいは試験休みにもゲレンデに通いました。

 

学校が川越、住まいが鶴ヶ島でしたので、

自ずと行く先は関越方面に。

 

バブル真っ最中の湯沢界隈のゲレンデは

軒並み今では考えられないほど賑やかだったと

記憶しています。

 

そしてちょうどバブルが崩壊し、

就職氷河期となった頃に社会人デビュー。

この時は実家に戻り、なんとか引っかかった会社に就職。

 

この会社(自動車ディーラー)は、

当時定休日というものがなく、

営業である私は建前上、最低でも週一の

休みが与えられていましたが、

その実は、成績が悪かったりすると

休み返上で稼働してたりしたんですよね。。

 

ということで、

スキーができないストレスが蓄積されていき…

 

なにかが「ぶちっっ!」と切れて、

1 年半勤めた所で退職、

スキー雑誌で見つけた

猫魔スキー場のスクールに常勤スタッフとして

転がり込んだのでした。

 

当時は素人に毛が生えた程度の技術で、

当然ながら資格なども持っていません。

アシスタントとしてあらゆる雑用から初心者レッスンまでを

こなしながら、夕方のスタッフトレーニングで特訓を受けました。

 

とは言え、こじんまりとしたスクールで、

校長先生も基本温厚な方だったので、

他の常勤スタッフ 3 人とは兄弟の様に仲が良く、

共同生活も苦になりませんでした。

 

また当時の宿舎が、

民宿だった古い建物を一軒まるごと借り受けての

もので、私は個室を与えられていましたから、

その環境も今考えてみるとかなりの高待遇でありました。

 

ただ、すきま風が入るため、暖房を消すと、

サクっと氷点下になるような部屋でしたけど…(笑)

 

ここで 3 シーズンお世話になり、

その間、2 シーズン目には晴れてスキー教師の資格を習得。

一応、体面上はスキー教師の仲間入りをすることができたのでした。

 

…長くなりそうなので、次のエントリーに続きます。。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ