早く冷えて!今後一ヶ月の天気について

今日も暖かいですね… 11 月中旬だというのに。

日中はちょっと動いただけで汗ばんでしまう、

まさに小春日和な一日でした。

 

さて、こうなってしまうと困っているのはスキー場。

こんな状況ですから、ICS を持たない

人工雪ゲレンデのオープンは軒並み延期と

なっているようです。

 

 

※ICS = アイスクラッシャーシステム。端的に言うとでっかいかき氷器。

 

我が初滑りのホームゲレンデである箕輪スキー場も、

11 月 14 日のオープン予定が「未定」に…(泣)

 

私も含めスキーヤー、スノーボーダーの方は

やきもきしている日々を過ごされている事と思います。

とか言いながら冬の準備を何一つしていない

私がいるわけですけど(苦笑)

 

閑話休題。

 

そんな方々に、心を鎮めていただくべく、

気象庁仙台管区気象台が 11 月 12 日に発表した

東北地方 1 ヶ月予報(11 月 14 日から 12 月 13 日までの天候見通し)」に

ついて書いてみます。

 

それによりますと、、、

期間の前半は、気温がかなり高くなる見込みです。

なんて書いてあるではないですか…

ダメだこりゃ…

…と嘆くことなかれ。

 

さらに読み進めていくと 2 週目以降(11 月 21 日~)は

気温が平年より低く、あるいは平年並となる確率は

80 % となりますから、ここいらで冬将軍様は

本領発揮をしてくださるものと信じてこの一週間を

乗り切っていこうと思います。

 

と平行して、冬準備(タイヤ交換、ルーフボックス搭載)も

少しずつ勧めていこうかなと思う今日このごろであります。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ