スバル インプレッサスポーツ(GT B型)プチ試乗レポート

昨日の話題です。

ある理由で、

インプレッサスポーツを運転する機会に恵まれました。

街なかのみですが、試乗レポートをお届けします。

グレード

2.0i-S EyeSight です。

ただし、少し古いアプライド B 型。

現在販売中のモデルではこのグレードは廃止され

後継は「STI Sport」という位置づけになっています。


SUBARUの新世代プラットフォーム

SGP(Subaru Global Platform)を

採用した最初のモデルです。

乗り味

発売から 1 年後の年次改良を受けたモデルです。

乗り心地はコツコツ感を伝えてくる感じ。

オプションの本革シートが装着されているので

革の張りの乗り心地に影響しているかも。


あと、ステアリング操作に

少々重みを感じます。

駐車場での取り回しに少々難を感じるかも。

EyeSight Ver.3

運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」も

少々古いシステム。


今や標準となった低速域での

操舵支援機能「ツーリングアシスト」は

まだ着いていません(D 型で採用)。


高速域での車線維持機能のみですので、

街なかでの操舵支援は期待できません

(車線逸脱時の警告のみ)。


また、停止時のブレーキを保持してくれる

オートビークルホールドも C型から

採用なので、このモデルには未搭載。


ということで、 もしこのモデルの中古を

考えている方がいらっしゃれば、

大型改良を受けた D 型以降(2019 年末発売)を

おすすめします。

中古も狙い目

最後に、スバリスト目線で

さらっとバイヤーズガイド。


先程 D 型以降がおすすめと書きましたが、

現行モデルとあれば、

SGP 採用によって先代とは

動的質感も段違い。


他社のクルマに比べて

運転支援系は充実しており、

初期モデルであれば

2.0L エンジンのグレードでも

100万円前後から入手可能。


なかなかお買い得モデルと

言えると思います。


したっけ。








クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。