マイナーチェンジした SUBARU フォレスター(SK D型)実車チェック

先日マイナーチェンジモデルが発表された

スバル フォレスター本社ショールーム

先行展示(発売は 8 月、先行予約受付中)

されているという情報を入手。

馳せ参じてまいりました。

以下、展示車をグレード別にご紹介します。

Advance

e-BOXER 搭載の最上級グレード。

ボディカラーはクリスタルホワイト・パール。


フロントフェイスは

結構変わった印象ではありますが、

実際に見てみると違和感はありません。


ヘッドライトは若干コンパクトになりましたが、

縦方向の寸法は恐らく変わっていないので

バランスは保てている印象。


大型化されたグリルも

オラオラ感は控えめに感じます。


ここがレヴォーグとは違う点。

あちらは正直なところ今でも

ちょっと違和感を覚えます。

内装

シートはオプションのナッパレザー。

ブラウンとブラックの組み合わせ。

ドア、インパネ周りもブラウンを

多用しており上質感が漂います。

※標準仕様は撥水ファブリック。

X-BREAK

ボディカラーはマグネタイトグレー・メタリック。

画像は光線の関係でほぼ黒に見えますが、

実際にはもうちょっとグレー。

深みのある良い色です。

レッドオレンジのアクセントも控えめでいいですね。

外観上のポイントはフォグランプ。

X-BREAK に限り、この

6 連のランプが採用されています。


このランプ形状、先に米国で発表されている

アウトバック ウィルダネスに採用されているものと

同じものと思われます。

これ、他グレードの方も「欲しい!」と

なる方がいらっしゃるのでは?

内装

内装にも手が加わっています。

レッドオレンジの差し色が使われる場所が

変更になり、ステアリング、

シフトレバー、X-MODE のダイヤルなど

運転操作するパーツに採用されています。

防水シート

また X-BREAK では、

新たに防水ポリウレタンシートが

採用されました。


これまでの撥水ファブリックに比べて

より水・雪に強くなったと思われます。

※ 100% 防水効果はないとのこと。

Sport

最後は裏の駐車場にひっそり止められていた「Sport」。

本来ならビル正面側に展示されるはずですが、

併設のディーラーが定休日の場合、

正面への移動は行わないようです。

フォグランプは 3 連

内装

今回、スバル スターズの方にお願いして

車内も撮影させていただきました。

ありがとうございます。

シートはウルトラスエードと本革の組み合わせ。

昨年の年次改良で登場した

新グレードということもあり、

内装に大きな変更はない模様。

ラゲージフック

今回新たに追加(全グレード)されたものの一つに、

このラゲージフックがあります。

後部荷室の天井に 2 つ備えられたこのフック。

なかなか使い勝手が良さそうですね。

試乗レポートは……

発売は 8 月ということで、

それまで試乗はおあずけ。


足回りも若干の改良を受けているようで、

これについては試乗した上でご報告できればと

思っております。


なお、今回のマイナーチェンジの変更点などの

詳細はこちらの過去記事をご参照ください。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ