トヨタ PHV の OEM 供給(スバル・スズキ)について

昨日発表(リンク先はイタリアのサイト)の

スズキ「アクロス」。

欧州で今年(2020 年)秋に発売されるという

このクルマ。

全体のフォルムはあのクルマに似てますねぇ。

……というところから話題をふくらませます。


スポンサードリンク

スズキ アクロス

早速種明かしをすると、

ベースはトヨタ「RAV4 PHV」です。

外観はフロントマスクをスズキ風に

してありますが、中身はまるっと「RAV4」とのこと。


個人的にはこっちのほうが控えめで好きです。


なんていう感想は置いといて、

これはトヨタとスズキが業務提携を

行ったことで実現したこと。


かつて、エスクードと市場を争った

RAV4 がこんな形でスズキに貢献することに

なるとは当時は予想もつきませんでしたね。

Crosstrek(日本名 SUBARU XV)

トヨタ PHV の OEM として

もう一つ忘れてならないのがこのクルマ。

米国の燃費規制に対応するため、

「急ごしらえ」で誕生したというこのクルマ。


ですが、結構手が込んでいます。

PHV システムについては、

トヨタのものを使っていますが、

組み合わされるのは

スバルの水平対向エンジンですし、

左右対称のレイアウトも

実現しており、かなりスバル色の濃い内容。


ただ、バッテリー容量確保については

いかんともしがたく、荷室床面が

上がっていたりで、使い勝手は

若干犠牲になっているようですが。


また、このクルマは採算度外視のようで

売れば売るだけ赤字ということです。。

国内販売の可能性

さて、今回紹介した 2 車種。

果たして国内販売の可能性は?

ということについて。

(以下、あくまでワタシの憶測です)。

スズキ アクロス

このクルマ、欧州向けですが、

生産は日本の工場だったりします。


なので、国内導入の障壁は少ないです。


が、本家の RAV4 PHV が

その大きな需要により

急遽オーダーストップがかけられている

現状を見ますと、

発売されるとしても相当先の

話になると思います。

Crosstrek(SUBARU XV)

こちらは米国生産。

さらに既述のとおり

採算のとれないクルマなので

このまま国内で売ることはないでしょう。


とはいえ、国内においては

後手後手になってしまっている

燃費対策の実施が急務となっています。


昨年 XV の 2L がすべて e-BOXER になったのも、

間もなくフォレスターの 2.5L エンジン、

インプレッサ AWD の 2L エンジンの

搭載がとりやめとなるのはこれが理由です。


スバル純正の燃費対策としては

現状はマイルドハイブリッドの

「e-BOXER」しかありません。


これだけでは不十分ですから、

いずれは何らかの形で

トヨタ協業による

ストロングハイブリッドや

PHV が導入されることは

間違いないでしょう。

EV も

また トヨタ・スバルで EV の

開発にも着手したという情報もありますから、

この分野についてはますます

目が離せなくなりそうです。


個人的には次世代アウトバックで

PHV モデルの登場を望みたいところです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ