動的質感向上!新世代インプレッサ いよいよ発進!!

2016 年 3 月 25 日 、今年フルモデルチェンジ予定の「インプレッサ」が、

ニューヨーク国際自動車ショーで初公開されました。

富士重工からも公式リリース(PDFファイル)が出ています。

 

いくつかその画像を上げてみます。

(出典:http://www.carscoops.com/2016/03/subaru-lifts-veil-off-new-impreza.html

 

まずはハッチバック。

フロント、リヤ方面から 2 枚。

mh01602020-1

 

Subaru-hatch-3

 

キープコンセプトです。

がディティールを見るとより洗練された印象ですね。

 

ですが、テールについては現行が素っ気ないとおもっていましたので、

今回のデザイン変更は良いと思います。

 

お次はセダン。

こちらはリヤ周りの画像を。

Subaru-hatch-21

こちらも良いスタイル。

レガシィ B4 をそのまま小さくしたようなイメージですね。

でも悪く無いと思います。

 

続いて、内装。

Subaru-hatch-13

だいぶ質感も向上しているようです。

純正ナビの画面サイズが 8 インチになるようですね。

 

このアイボリー色、日本では人気がなさそうですが、

ぜひ導入して欲しいところです。

このモデルからスバルの新プラットフォームである

SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)が採用されます。

 

これによりボディ剛性が飛躍的に向上するようで、

走りの質感は洗練されるものになることが期待されます。

 

搭載されるエンジンは新開発。

インプレッサもいよいよ直噴エンジンとなるようです。

当然ながら燃費性能等は向上してくるでしょう。

どんな乗り味になるのかとても楽しみです。

 

ところで公式リリースで気になったのがアイサイトに関する部分。

簡潔な記載にとどまっています。

 

ということは、Ver.4 の登場も噂されていますが、

このモデル登場時点では採用は見送られるものと思われます。

 

この辺りでも革新を期待していたので、

ちょっと残念な気持ちもしますが、

1 年後の年次改良に期待することにしましょう。

 

いずれにしても、

登場の暁には一度試乗してみたいと思います。

 

みなさんはどんな印象を持たれましたか?

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ