SUBARU フォレスター(SK型)マイナーチェンジで D 型へ

久しぶりの SUBARU の話題。

フォレスターがマイナーチェンジを迎えます。

今回、アプライドは D 型となります。


スポンサードリンク

某ディーラー情報

某 SUBARU ディーラーからの情報によりますと、

フォレスターの現行モデル(SK C 型)は

2021 年 6 月 13 日を持って新規受注は

締切となるそうです。


これ以降、C 型については在庫対応となります。

D 型の変更点

では、まもなく登場予定の D 型では、

以下の変更が加わるようです。

※あくまで未確定情報です。

フェイスリフト

まず外観に手が入ります。

フロントマスクはライトの形状が

レヴォーグチックに若干小さいタイプに

変更となり、車幅灯・ウインカー兼用となるもよう。

これに伴い、グリルも大型化されるとのこと。

新色追加

今回 3 つのボディカラーが追加となりました。

特に気になるのが、このお色。

カスケードグリーン・シリカと言うそうで、

ひと目見てビビっときました。

この色、アウトバックにも採用されないかなぁ。

アイサイト

アイサイトのステレオカメラは

新世代のものに刷新され、

視野角向上などに性能アップが図られます。

また、青信号お知らせ機能が

追加になるとのこと。


これまでのアイサイトは

日立Astemo製(旧日立オートモティブシステムズ)の

ステレオカメラを使って来ましたが、

新型レヴォーグから採用されている

Veoneer(ヴィオニア)製のものに変わります。


ただし、「アイサイト X」、

フロント 2 つのセンサーの採用は

見送りになりました。

グレードは変更なし

グレードラインナップ、

エンジン(2.0L e-BOXER、1.8L 直噴ターボ)の

ラインナップは変更なしとのこと。


追加グレードとして噂されていた

STI Sport も今回はない模様です。。


そろそろフルハイブリッドなど出て欲しい気持ちも

ありますが、そのような情報は今の所なし。


SUBARU としての CAFE 規制対応は

来年登場のソルテラ(BEV)で回避しようという

魂胆なのでしょうか。。

ドライバーモニタリングシステムの新機能

赤外線カメラでドライバーの顔認識を行う、

「ドライバーモニタリングシステム」に

新しくジェスチャー機能が追加されました。


カメラの前に「パー」の状態で手をかざすと

オートエアコンの温度設定が

4 段階アップ(2 ℃)、「グー」でかざすと

4 段階ダウンという制御ができるように。

発売日・価格

現時点(2021年6月1日)で未定です。
8 月発表、9 月下旬発売予定です。

価格はアイサイトのシステム刷新により

少し UP するのではないでしょうか。


アイサイト以外、大きな変更はなさそうなので、

C 型に走るという選択肢も

現在は残されています。


なお、この記事は新情報が入り次第

随時更新する予定です。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2 Responses to “SUBARU フォレスター(SK型)マイナーチェンジで D 型へ”

  1. […] 間もなく 6 月 13 日をもって現行のオーダーは停止。マイナーチェンジ(SK D型)の詳細はこちらへ。 […]

  2. […] 干の改良を受けているようで、これについては試乗した上でご報告できればと思っております。なお、今回のマイナーチェンジの変更点などの詳細はこちらの過去記事をご参照ください。 […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ