間もなく終売?SUBARUの2.5Lエンジン

お付き合いのあるSUBARU販売店の

Web サイトに、こんな案内が。


スポンサードリンク

フォスター2.5L終売

上記リンク切れに備えて概要を書いておくと、

「フォレスターの2.5Lエンジン(FB25)搭載車は

今、製造ラインを流れているモデルで生産終了」

というもの。


2020 年 9 月 19 日時点では、

Premium・X-BREAK・X-Edition

の3グレードが注文可能となっていました。

※ e-BOXER は継続されます。

次期搭載エンジンは?

まもなく迎える年次改良では、

上記の通り FB25 搭載モデルが消滅します。


では、その後継は?

と言うと、当ブログでも取り上げたとおり

新開発の 1.8L直噴ターボエンジン(CB18)となります。


これはまもなく発売となる

新型レヴォーグに搭載されているものです。

発売時期は?

まもなく発表が予想される年次改良フォレスターですが、

CB18 エンジンの搭載グレードは

遅れて発表(発売)されると予想しています。


新型レヴォーグが早期予約の段階の

今でも結構なオーダーを抱えている

ようなので、

これをさばいてからフォレスターに展開、

という流れになるのではないかと。

2.5L エンジンは……?

燃費対策が急務となったSUBARUでは

FB25 は風前の灯火。


ですが、

実はまだしばらく継続販売されるモデルが。


レガシィ アウトバックがそれですが、

実はこちらに搭載されるエンジンは、

型式名こそ同じですが

フォレスターのものと仕様が異なってます。


すなわち、フォレスターが直噴なのに対し、

こちらはコンベンショナルなタイプ。

出力・燃費などで直噴モデルに

少々劣るものです。


この期に及んで旧型が残る

というのがなんとも言えないところですが、

アウトバックはメーカー平均燃費に

影響しないほどの販売台数ということ

なんでしょう。。


ただし、アウトバックも

ようやく来年(2021 年)には

国内でも新型に変わる模様で、

その際に 2.5L エンジンは

なくなる可能性が大きいです。

大排気量の贅沢も……

ダウンサイジング、電動化の

流れは一層加速していくことでしょう。


NA 大排気量の豊かなトルクと

ゆったりとした走りを楽しみたい方は

そろそろ最後のチャンスと言えるかも。


私も焦らないと……


したっけ。





クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ