New カローラに対する思い

本日、待ちに待った新型カローラ

セダンツーリング)の

発表がありました。

あわせてカローラスポーツも一部改良。


今回は実車にふれる前に

カローラに対する思いを。


スポンサードリンク

カタログゲット

とりあえず、カタログをいただいてきました。

上の画像はセダン、ツーリング(ワゴン)、

スポーツ(ハッチバック)の各カタログの

背表紙なんですが、これは各車種が

とても個性を主張していると思います。


対してフロントはほぼ同じ顔で

カローラというアイデンティティを

表現しており、これは個人的に

好感を持てます。

率直な感想

今回、カタログにて詳細な

仕様などを改めて調べてみますと、

欧州版とは差別化が図られて

いることが分かります。


ボディサイズが縮小され、

豪華仕様と思われる

電動バックドアなどが省略されています。


これが国内「カローラ」としての

トヨタの回答ということなんだと

思います。

脱大衆車?

その一方で今回、ボディ拡大により

3 ナンバーサイズとなり、

「お求めやすい価格」とは言いながら

相応に値上げされました。


その分、新プラットフォーム採用などに

よって、その商品力は間違いなく

向上しているのですが、

とりあえず、ネット上で見かけるのは

否定的な意見が多数のようです。


その多数が「カローラ」の名にそぐわない

といった趣旨のものでした。


ちなみに「あくまで 5 ナンバー!」という方の

ために、先代アクシオフィールダー

1 年程度継続販売されるようです。

単一グレード(EX)にはなりますが。

時代の流れ

前段の方々にとって、カローラは

「大衆車として誰でも容易に手に入るクルマ」

であって欲しいという思いであるようですが、

ワタシは必ずしもそうでなくても良いと思います。


これまで、長らく生産しつつけて来たクルマは

カローラに限らず、基本的には拡大の

一途をたどっています。


となれば、車格的にも上がっていくのは

致し方ないところ。


ホンダにおいて、シビック→フィットと

なったように、トヨタにおいても、

間もなく登場するであろう、

ヤリス(現 ヴィッツ)などが

その地位を担うことになるでしょう。

試乗レポは後日

ということで、

現時点ではカローラシリーズについて

ワタシは好意的な目で見ています。


今後、できるだけ

近いうちに実車に触れてみたいと

思っております。


その時に、試乗レポートも

あわせてお届けできれば。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ