海なし県に海岸?「白馬マウンテンビーチ」誕生

ようやく関東でも梅雨明けが発表され、

早速連日の猛暑の中ではありますが、

スキー場の話題を。


とは言え、夏ネタです。


スポンサードリンク

白馬八方尾根スキー場にビーチ

その名は「白馬マウンテンビーチ」と言うそうで。

直訳すれば「白馬の山の海岸」。

なんのこっちゃ。

種明かしをすると、

山の中(スキー場)にあるビーチを

彷彿させる施設ということのようです。

どんな施設?

当ブログご購読の方に多いと思われる

スキーヤー、スノーボーダー向けに

端的に説明しますと、

白馬八方尾根スキー場

うさぎ平テラス(ゴンドラ山頂駅)の

屋上をビーチにみたてたラウンジと、

さらにサウナ、ジャグジーなどを作りました」

ということのようです。


サウナは使われなくなった

ゴンドラの搬器を流用して作られるなど

スキー場ならではの試みも。


ラウンジでは飲食物の提供も

行われるようです。

営業概要

先週末から営業開始しました。

グリーンシーズンとしては

10 月下旬までの営業ですが、

冬季も営業する予定とのこと。

今期営業期間:2019 年 7 月 26 日(金)~ 10 月 27 日(日)

営業時間:9:00 ~ 16:30
 飲食類ラストオーダー16:00
 サウナ・ジャグジーの最終受付は14:00

利用料金:サウナ・ジャグジー 2 時間 1,500円
※小学生以下は利用不可
事前予約制、空きがあれば当日受付も可

※ビーチラウンジエリアへの入場は無料、
うさぎ平までのゴンドラ乗車には
大人往復 1,780 円、子供は 950 円かかります。

新しい試みが続々

最近、海外のお客様が急増しているようで、

白馬エリアでは続々と新たな施策を

打って出ていますね。

スキーヤーとしてはこういう地域が

盛り上がってくれるのは嬉しい限り。

と言いつつ、ワタシはしばらく

白馬エリアには行っていませんが。。

たまには様子見に行ってみましょうか。

頑張れ東北!

白馬など信州エリアの隆盛?の

一方でいまいち盛り上がりに欠けるのが

我が東北エリア。


とは言え、ワタクシ個人としては

外国人が大挙して押し寄せるような

ニセコのようにはなって欲しくは

ないんですよね。


なにか独自に生き残る方法はないでしょうか。

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ