アウトバック X-BREAK の実車チェック

スバル アウトバックの

年改モデル E 型が発売されました。

 

今回はその目玉とも言える

SUBARU 60 周年記念の

特別仕様車の実車を

見てきましたのでその

ご報告をお送りします。

少し遠征

目的のクルマは最寄りの三郷の

お店には配備がないそうで。。

 

最寄りの越谷店まで

足を運んだ次第です。

 

X-BREAK

今回のお目当てはコレ。

「アウトバック X-BREAK」 です。

フォレスターでは通常グレードとして

設定されましたが、こちらは

まだ特別仕様車扱いです。

 

エクステリア

上級グレード Limited の

特別仕様車ということですが、

あちらのシルバー加飾を

極力廃し、さらに

グリル、アルミホイールなども

ブラックを施されています。

 

さらにはエンブレムも。

 

このクルマのボディカラーは

クリスタルブラックシリカ。

塊感が強く感じられる組み合わせ

ですね。

 

アクセント

一方でワンポイント的に

あるイエローグリーン。

これがとても印象的に

映りました。

 

ルーフレールは USA 仕様

このクルマの外観上目を引くのはコレでしょう。

アメリカ仕様のルーフレールを

そのまま採用しています。

 

可変タイプのクロスバーが

ビルトインされているので

キャリア類をそのまま載せる

ことも可能となっています。

 

これによって全高が

ノーマル車と比べて

55mm アップの 1660mm と

なっています。

 

見た目にもだいぶ厳つくなりますね。


スポンサードリンク

インテリア

では車内へ。

 

こちらもブラックで統一しつつ、

イエローグリーンのアクセントが

しっかりと施されています。

 

シートは撥水加工が施された

ファブリックと合成皮革の組み合わせ。

こちらのステッチには

差し色のイエローグリーンが。

 

荷室にはラゲッジスムーザー機能が

付いていますが基本はファブリック

これも樹脂製だとよかったなぁと。

 

※一部画像は光線の影響で

白っぽくなってしまいました。

 

E 型新装備

車内のついでに。

運転席周りのスイッチ類も

基本的には変更なし。

 

ですが、E 型となり

オートビークルホールドが

追加されましたので

そのスイッチもありました。

 

走りは変更なし

営業さんと少し話をして、

「足回り関係は特に変更なし」

とのことでしたので

今回は試乗はしませんでした。

 

感想

これまで買うなら

「Limited でアイボリー内装!」

とこだわって来たわたくしですが、

このクルマを一通り見てみると、

「なかなか良いんでない?」

という思いになりました。

 

ただ、ダーク系のボディカラーが

映えるこのクルマ。

 

夏の辛さから明るい色も

いいかなと思い始めている

ワタクシにとっては

新しい悩みの種と

なってしまいそうです。

 

余談:車内の香り

アウトバックを一通り見たあと、

隣にあったフォレスターにも

何気なく乗り込んでみました。

すると、アウトバックとは

違う香りがしました

(こちらももちろん新車です)。

 

なぜ違うのかは分かりませんが、

個人的な印象では

この香りのおいても

「アウトバックの勝ち」

ということになりました(笑)

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ