新登場!フォレスターの「e-BOXER」体験

昨日の話題です。

生憎の天気でしたが、

今日を外すとまた 3 日間

仕事となるのでスバルディーラーへ。

 

目的は先日発売されたばかりの

「e-BOXER」搭載のフォレスター試乗です。

エクステリア

最寄りディーラーに配置となったモデルは

ボディカラーはクリスタルホワイト・パール

(オプション色 32,400 円)。

 

シルバー加飾がアクセントに

なっていますが、

X-BREAK よりは控えめの印象。

これはこれでいい感じですね。

 

ブラウン内装!

そして内装は、、

オプションのブラウンの革シート。

これはいいです!

フォレスターでもいいですが、

アウトバックにも似合う

いい大人の雰囲気を

漂わせています。

後席も広々かつブラウンで

落ち着いた移動空間となりそうです。

 

メーターまわり

画像を何点か上げておきます。

Premium とこのADVANCE は

シートヒータースイッチが

エアコン操作パネル内に

配置されています。

 

試乗!

ではいよいよ公道へ。

MFD には e-BOXER 独自のこんな表示も。

 

試乗車を借りてすぐの状態では

バッテリー充電容量が少なかったようで、

イグニッションONでそのままエンジンも

始動しました。

 

ということで、

最初の走り出しはガソリン車のそれそのまま。

おそらくエンジンパワーオンリーで

走っていますので

2.5L に比べると落ち着いた印象。

 

ですが、2.5L 車はちょっと出足が

尖すぎるという印象だったので、

私はこちらの方が好みです。

 

しばらく走ったあと信号で停まると

アイドリングがストップしました。

それなりに充電できたようです。

 

では改めて走り出し。

アイドリングが止まった状態から

するっとスタートしたかと

思ったらすぐさまエンジンスタート。

 

プリウスなどに乗り慣れた私にとっては

エンジンスタートが早い印象。

 

モーターのみの走行をしようと

思ったらそろーっとアクセルを

開けていく必要があり、

例えば後ろに他のクルマがいる場合などは

迷惑をかけてしまうかな、

という感じです。

 

ここまで SI ドライブは

「I(インテリジェント)」モードで

走っていましたが、

モーターアシストは

ごくごく控えめの印象でした。

 

いわゆる「マイルドハイブリッド」ですが、

ハイブリッドであることを

極力感じさせないような

巧みな制御を行っているようです。

 

ブレーキングも回生を効かせつつも

ノーマル車との違和感を

ほとんど感じません。

 

では満を持して「S」モードへ。

明らかにピックアップが鋭くなり、

モーターのアシストも十分に

感じることができます。

 

ただ、アクセル操作に

予想以上に敏感に反応しますので

多人数でゆったりと流す、、、

という乗り方をするときは

「I」モードで走りましょう。

それでも十分にパワーがあります。


スポンサードリンク

乗り心地

多くの方が既に感想で書いていますが、

一言で言うと「どっしり感」が

あります。

 

2.5L モデルに比べて 100kg 重いので

当たり前ですが、

これが嫌な印象となっていないところに

関心します。

 

むしろ、乗り心地的には

良い方向に作用しており、

大人の落ち着きみたいな

ものを感じることができます。

 

第一印象は

ということで、

今回は雨の中の試乗ということで、

すこし控えめ走りました。

その中での印象ですが、

「これは大いにアリ!」

という結論です。

 

もし私がフォレスターを

買うとすればこのグレードにすると

思います。

 

価格的にも優遇税制などを

用いれば 2.5L モデルと大差は

ないようですし。

 

そして燃料費、自動車税などの

ランニングコストも

抑えられるとあっては

積極的に選ぶ人も多いのは

納得できますね。

 

願わくばこのパワートレインを

アウトバックにも載せてくれれば……

と思ってしまう今日このごろです。

 

したっけ。

 



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ