アイサイト全車速追随機能付きクルコンの上限速度設定変更

スバルネタをお送りします。

特にレガシィ、レヴォーグの前期型に

お乗りの方へお送りしたい情報です。

 

D 型で ACC 上限速度向上

今年(2017年)のマイナーチェンジが

実施され、レヴォーグ、WRX S4 や

レガシィの D 型モデルでは全車速追随機能付き

クルーズコントロール

(以下 ACC)の設定速度上限が

120km/h(メーター読みは 135km/h)に

アップされました。

 

というのはスバリストな方なら

周知の事実かと思います。

 

※レヴォーグ、WRX S4 は
さらにツーリングアシストも装備。

 

置いてけぼりの前期型?

このニュースで

A ~ C 型にお乗りの方は

悔しい思いをしている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

そんなあなたに朗報です。

 

救いの神登場!

実は ECU の設定を書き換えることで

その上限を上げることができるとのこと。

 

※ ECU とはエンジンコントロールユニットの略で、

エンジンやその他電子制御部品を制御する

コンピュータのこと。

 

そもそも国外仕様では

かねてから上限速度は高く

設定されていましたから、

システム的には問題なく

可能なんでしょうね。

 

設定を変えるには

では実際に設定を変えるには

どうするか?

 

といいますと、

ドライヴィジョンのショップさんにて

ECU を書き換えてもらうことで

これが可能になるとのこと。

 

対応車種は?

2017 年 11 月 20 日時点で対応可能

は車種は以下の通りとなっています。

  • レヴォーグ2.0(VMG)
  • レヴォーグ1.6(VM4)
  • WRX-S4(VAG)
  • 現行レガシィ(BS/BN)
  • 先代 XV 後期(GP)
  • エクシーガ(FB25 エンジン搭載車)
  • フォレスター XT(後期型)
  • 先代レガシィ(BM/BRのDITエンジン搭載車)

 

気になる費用は?

ECU 書き換えにかかる費用は

幾つかのプランがありますが、

単純に ACC 設定の変更のみですと

現在は工賃サービスで 35,000 円

とのことです。

 

※ 2018 年 1 月 10 日からは

工賃 5,000 円が別途加算されます。

 

ご興味有る方は今がチャンスです!

 

旧世代は?

先程提示した対応車種には

私が乗る旧世代エンジン(EJ)を

積んだレガシィはありませんでした。

 

では対応が無理かと言えば、

そうではないようで、

ECU を解析した上で

設定を変えることは

できるとの回答をいただきました。

 

ただし、この場合は

一度ショップさんへ

ECU を預け、解析してからの

インストールということで

二度お店に行く必要が

あるとのことです。

 

高速道路 120km/h に向けて

ということで、

ACC に関しては最新の設定を

ゲットできる道筋が

用意されているということで

必要以上に落胆する必要が

ないかもしれません。

 

なお、この設定変更は

あくまでスバルがメーカーとして

実施するものではありませんので

その点はご留意くださいね。

関連リンク:ドライヴィジョン「アイサイト設定」

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ