青春18きっぷで越後湯沢(石打)夏のゲレンデめぐり2018

青春 18 きっぷの消化旅第四弾。

例によりまして日帰りです。

 

今回は行き先に悩んだ末、

高崎・上越線を北上する旅に。

ネックは「三国峠」

事前にはぼんやりと

「越後湯沢あたりまで行ければいいなぁ」

と思っていました。

 

ココなら距離もそんなにないし

ゆっくり出発してちょこっと行って

帰って来れるだろう。

 

と、思ったんですが、

今回も早朝発、6 時台の列車に乗ります。

 

その理由は、

上越線の水上(みなかみ)~越後湯沢間の

運行本数。

 

例えば上越新幹線なら

1 時間に 1,2 本は走ってるのですが、

普通列車に限っては、

水上を 9:45 に出る列車(今回乗った列車)

の次は 13:40。

約 4 時間の空白があるんです。

(土・休日は 11:40 発の臨時列車あり)

 

越後湯沢で何しよう?

この先文章が長くなりそうなので、

行程をちょいと端折ります。。

 

自宅から武蔵野、京浜東北、

高崎、上越線と乗り継ぎ、

水上にたどり着きました。

ここからは JR 東日本新潟支社の

E129系に乗車します。

新しい車両は気持ち良いですが、

いかにも今どきの車両という感じ。

ちょっと代わり映えがしないですね。

 

駅周辺散策

越後湯沢に着いたのは 10:17。

所要は 4 時間ちょっと。

これで一応「お気軽レベル」。。

 

さすがは湯の街とあって、

駅のホームにも温泉が

湧き出ています。

 

まずは歩いて駅周辺を

散策してみます。

 

温泉街に面した

西口ロータリーは工事中。

車両乗入れができないようです。

 

線路に沿うように北に歩きます。

 

結構な距離を歩いて、、

布場スキー場

現在の正式名は湯沢高原スキー場

布場ゲレンデと言うそうです。

このゲレンデだけをみると

リフトは 1 本、コースも

対して長くないですが、

ここの特色はゲレンデ直下に

宿泊施設が軒を連ねるという

昔ながらのスキー場。

 

ここのお宿で何度か

お世話になったことがありますが、

ゲレ直というのは

ほんとにいいもんです。

 

食事が抜群の美味しくて、

かつてはお宿近くのリフトも

動いていてなかなか

魅力的なところだったんですけどね。

 

ところで、この布場ゲレンデは

2018 年の春を持って閉鎖という

話があったんですが、

今冬は本当に営業しないんでしょうか?

 

地元民御用達ランチ

お腹がすいたので駅へ戻ります。

 

湯沢といえば思い浮かぶのは「へぎそば」

なんですが、一人ですし、

懐具合も……なので、

東口近くの「どさん子」さんへ。

こちら「不定休」なので

一か八かですが、今日は営業してくれていました。

 

オーダーは定番の味噌ラーメン(700 円)。

それにプラスすることのランチセット。

小ライス、モツ煮、生卵、漬物、海苔の

5 品で 300 円です。

 

税込 1,000 円でかなり幸せになれます

(ってか食べすぎました)。

 

ゲレンデめぐり

ランチを終えた頃、

とあるお友達から SNS 越しに

「石打丸山の新しいリフト見てきて!」

というリクエストをいただき、

二つ返事で引き受けます。

 

石打まではちょいと距離がありまして、

列車ですと一駅。

ただ、スキー場は石打駅の少し手前。

そして次の列車までは 30 分以上の

待ち時間。

 

少し思案して、

「自転車!」

という結論に達し、西口駅前の

観光案内所にてレンタサイクルを

調達して出発します。

 

ということで、

しばしの相棒はこちら。

内装 3 段ギア付き、

電動アシスト自転車です。

 

料金は 2 時間まで 500 円、

4 時間までは 1,000 円、

1 日なら 1,500 円。

 

借受時に身分証明書の

提示が必要で、

料金は後払いとなっています。

 

なお、宿泊客向けには

周辺宿泊施設でも借受が

できるそうです。

 

石打丸山スキー場

ということ最初に石打へ。

 

湯沢からは下り基調の道のりなので

快適に飛ばしていきます。

 

スキー場中央口へ。

ここから上る中央第1高速リフトが

現在架替工事中でして、

今冬(2018 年)に「コンビリフト」に

生まれ変わる予定です。

 

コンビリフトとは

10 人乗りのゴンドラキャビンと

6 人乗りのチェアリフトが

同一線上を運行するというもので、

世界初登場となるようです。

 

詳細は公式サイトへ。

 

ではその現場の画像をどうぞ。

 

石打丸山スキー場のリニューアル計画は

これだけではなく、中腹からの

トリプルリフト新設や、

リゾートセンターの建設など

かなり大掛かりなものとなっています。

建設中のリゾートセンター

 

では湯沢へ戻ります。

登り坂……

行きは下り。

ということは帰りは登るわけで。

 

今回の相棒、電動アシストが

ついてはいますが、

そもそもの重さがあり、

ギアを一番軽くしても

それなりの負荷がございます。。

 

しかもこの日の気温、30 ℃。

飲み物などを持たずに

出てしまったため、

途中で喉がカラカラ。

 

なんとか湯沢へ戻り、

「ショッピングセンターのぐち」にて給水。

 

ここまで 1 時間弱。

もう少し走ってみましょう。

岩原スキー場

知らない人には難読なこのゲレンデ。

「いわっぱら」と読みます。

 

こちらも老舗ゲレンデ。

広大な緩斜面が名物で、

学生時代には結構来てましたが、

最近はとんとご無沙汰。

 

近くにはバブルの遺産「ビクトリアタワー」も。

 

NASPA スキーガーデン

既にかなりの発汗量。

よせばいいのにまた登坂。。

いまや基調なスキーオンリーゲレンデ。

小規模ながら楽しいコブ斜面も

あったりで、結構好きなゲレンデですが、

最近はお隣の神立に行くことが多く

(あちらは 2,000 円で滑れますから)。

 

2 時間を待たずして膝がプルプルしてきたので

駅へ戻って自転車を返却します。

 

次回があれば神立、中里辺りまで行ってみたいなぁと。


スポンサードリンク

せっかくの湯沢なので

実は今回はお風呂セットを

持参しておりまして。

 

せっかくここまで来たので

温泉をいただくことにしました。

 

湯沢の湯というと、

公衆浴場に行くことが多いのですが、

今回は温泉街のお宿で

日帰り入浴をしてみることに。

 

自転車を借りたところの方から

おすすめされた

「東映ホテル」に行ってみます。

 

団体さんの予約もあったようですが、

まだいらしていないようで、

この広大なお風呂を独り占め。

だれもいないのでこっそり撮影。

 

窓の外にはこれまた広大な

露天風呂もあります。

 

こちらの日帰り入浴は

フェイスタオル付きで 1,300 円。

贅沢な時間を過ごしました。

 

足を伸ばして

入浴を終えたのが15時過ぎ。

 

当初予定していた帰りの列車は

15:08 分発。

間に合いませんね。。。

 

次の列車は 17:55 発。

駅で時間を潰すにも長過ぎる待ち時間。

 

ということで、

さらに上越線を北上してみることに。

 

石打付近では、

さきほどの新設リフトに

取り付けられるであろう搬器を横目に。

 

一回行ったきりの上国を通り、

ここで折り返し。

 

只見線は次回以降へ持ち越し。

 

小出からはそのまま水上へ戻り、

行きと同じ行程で帰還しました。

 

結局帰宅は 22 時過ぎ。

軽く日帰り、のつもりが

今回もなかなかハードな

一日なりました。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ