2019日本カーオブザイヤー10ベストカー決定

年末の恒例行事

日本カーオブザイヤー(以下 COTY)の

時期がやってまいりました。


今回は最終候補 10 台(10ベストカー)が決定した

ということでそれぞれのクルマについて、

勝手に思うところを書いてみます。

※ 「日本…」ということで、対象は
 国産車のみにしておきます。


スポンサードリンク

タント/タントカスタム

DNGA による新プラットフォーム採用で

魅力度を増したスーパートール系の雄。


のはずが、私には先代から激変!

というほどのインパクトはなく……

カローラ/カローラツーリング

ロングセラーカーが新世代プラットフォームを

採用してモデルチェンジ。

欧州仕様と共通のプラットフォームにより

ボディは 3 ナンバー化されましたが、

走りは格段に進化しています。


一方で、ボディを拡大しながら、

パッケージングは後退。

RAV4

国内販売をしばしお休みしていたこのクルマ、

復活するやいなや販売は好調のようで。

確かに出来は良いですが、

個人的にはそのボディサイズ以上に

大きさ・重さを感じるクルマ。

ガソリンモデルに乗ると印象は変わるかも。

デイズ/eKクロス/eKワゴン

日産が主導権を握って開発されたとされる

この両車、確かに見た目の質感は上がってるようですが、

実際に試乗していないので、コメントはこのくらいで。。

N-WGN/N-WGN Custom

これも見た目の感想。

かなり好印象です(ただしカスタムは……)。

もし、ワタシが軽自動車を買うとなれば

このクルマが最有力候補。


販売停止の原因となった

某部品の不良さえなければ

恐らく飛ぶように売れていたと

思われる残念なクルマです。

MAZDA3

個人的にもっとも心が動いたクルマ。

内外装の質感は他社同クラスのクルマとは

明らかに次元が違います。


最も魅力的なパワートレインと思われる

SKYACTIV-X の発売が遅れているのは

ちょっと残念なところ。


プレミアム性もあってお値段も高め、

当初はメディアに叩かれたようですが、

今ではそこそこ台数は売れているようです。


やはり、こういうクルマを待っていた人って

実はかなりいたんだと思います。

個人的なカーオブザイヤー

以上、外国車を除いた 6 台のうち、

ワタシの独断と偏見で選ぶ

カーオブザイヤーは、、、

MAZDA3

ということになります。

この質感・品質で CX-5 が

出てきたら、スバルを蹴って

こっちを買ってしまうかも。


ということで、

今年ノミネート車がなかった

スバルにはさらなる奮起を

期待したいというのが

正直なところです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ