トヨタヴィッツの使い勝手を検証

愛車を代替しました!

 

…というわけではなくて、

愛車レガシィが車検のため

の代車としてヴィッツをお借りした。

という話題。

 

今日から 3 日間の相棒です。

 

 

レンタカーなので、

エンジンは恐らく 3 気筒の 1000cc でしょう。

始動してみると軽っぽいサウンド。

 

前回は軽自動車だったので、

それを思えば良いかなと思います。

 

そして、このクルマ、

安全装備として TOYOTA Safety Sense C(セーフティセンス)

が装着されているようです。

 

このシステムは 2 種類ありまして、

「P」がミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで

機能的にもいわゆるフル装備。

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

などの機能を持っています。

 

そして Vits に搭載されているのは

廉価版とも言える「C」で、

レーザーレーダーと単眼カメラによるシステム。

 

使えるのは

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーンディパーチャーアラート(警告のみ)
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

と簡易版たる機能に限定されています。

 

クルマを借り受けてから

自宅に戻るまで、少し遠回りしながら

色々試してみました。

 

まず、運転席に座っての

第一印象。

 

「視界が悪い」

 

ということ。

まずボンネットが見えません。

 

このせいか特に左前方の見切りが悪く

路肩に寄せるときなど

なれるまで気を使います。

 

また、Aピラーの位置が悪く形状の問題なんでしょうか、

レガシィのそれより太く見えます。

 

交差点を曲がるときに視界確保のため

カラダを動かさなければならない場面に

多数出くわしました。

 

私のレガシィより全然コンパクトな

はずなんですけどねぇ。

 

その辺が分かっているのか、

このクルマにはコーナーセンサーも

装備されているようです。

 

何はなくとも前方視界は大事だし、

このクルマは若い人や女性など

運転に不慣れであろう方々が

乗るクルマとしてどうかと思います。

 

翻って後方の視界は悪くなく、

バックモニターもステアリング操作に

応じて枠が動くタイプが装着

されておりこの辺は関心しました。

 

私のバックモニターはカメラレンズの劣化に

よりぼやけてしまっているので、

この辺はなおさらいいなぁと思うわけで。

 

あと、いいなぁと思ったのが

ステアリングでオーディオコントロールが

できること。

ソース変更、ボリューム調整、トラック操作など

限られた機能ですが、

これはとても便利だと思います。

 

最後に燃費。

具体的数値はまだ見ていませんが、

借り受けてから 100km 走ったところで

燃費計の針は少し動いた態度。

1000cc で軽量とあって、

やはり優れていますね。

 

ということで、

日常の足と割り切れば

割りと使えると言えそうです。

 

※ 2017/03/10 現在、2 日間乗った上で一部加筆、

修正させていただきました。

 

したっけ。



 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ