昨日のゲレンデBBQに続き、
本日も猪苗代スキー場
夏アトラクションの体験記を。

夏リフト 2022

営業概要などについては先月の記事
ご参照ください。

チケット売り場

チケットは、はやま第 1 リフト乗り場脇の
窓口で購入します。

スキー場の「センターハウスばんだい」は
閉鎖されていますのでご注意を。

チケットは 1 回券が 800 円。
リフト 2 本を乗り継いで往復するには
800 × 2 × 2 で 3,200 円となります。

チケットは 1 回券がバラで 4 枚発行されます。
なくさないように注意しましょう。

はやま第 1 リフト山頂

第 1 リフトで上がると、
第 6 リフト山麓乗り場の間の
空間は広々としており、
RV パークとして利用できる区画もあります。

※RV パークとして利用するとクルマで
 ここまで上がれますが 4WD 車限定です。

テントとベンチが設置されており、
ゆっくりと眼下の眺望を楽しむことができます。

また、このエリアにある
磐梯山テラス(旧 赤べこ)
で トイレが利用可能となっています。

ちなみに、この近くにある
クリアドーム(スキーシーズンに営業)は
休業中でカバーがかけられていました。

この時期、この中で我慢大会とか
やったら面白いかも……

3 月の晴れた日に入ると汗だくになれます。

はやま第 6 リフト山頂

2 本目のリフトを乗り継ぎ、
山頂降り場から少し登ると、

ご覧の絶景が迎えてくれます。
ただし、周辺に休めるスポットなどはなく
このリフトは登山者の便宜を図るために
存在しているようですね。

実際、ここまで徒歩で登ると
1 時間程度かかるところが
30 分弱程度(乗り継ぎ時間含む)になり、
難所と言えるゲレンデ上部の
急坂を回避することができます。

今年はこのリフトを活用して
磐梯山に登る予定です
(もう少し涼しくなってからですが)。

ゲレンデ工事中

ところで、ゲレンデでは
重機が通れる道がジグザグに
できており、何事かと思いましたら
降雪機設置のための
パイプ埋設工事をおこなっているそうで。

完成すれば雪不足に悩むことも
なくなりそうですね。

※ この道路、登山者の歩行はできません。

空中散歩

最後に、はやま第 6 リフトを
下山中の動画(一部)を。

空中散歩をお手元でお楽しみ下さい。

したっけ。