『アーカイブ』2013 滑走日誌 富良野スキー場 Part.3

2013 年富良野スキーツアー最終日の模様。

この日のおかげで思い出深いものに。。

Part.1 はこちら。Part.2 はこちら


スポンサードリンク


絶好のスキー日和

あなたたち、本当に今日帰っちゃうの?

と言わんばかりの晴天。

絶景!

ゲレンデ下部は見渡す限りの圧雪バーン。

そして昨日まで大会で閉鎖されていた急斜面も解放。

これは飛ばすしかないでしょう。

この日の平均速度は恐らくこれまでで

一番高いんじゃなかろうか、という位

高速ターンばっかりしてました。

本当に気持ちよかった~!

一部の方にはたまらないシマシマ

カービング&上部のちょいコブと

雄大な景色を楽しみつつ

13 時まで滑走し、後ろ髪ひかれまくりで帰途に。

大波乱!

帰りの便はスカイマーク 868便 17:20 発。

早めに出て空港でランチ&土産購入の時間を

とりましょうと言うことで


現地 14 時過ぎのバスに乗車。

少々の遅れをもって、15 時過ぎに空港着。

空港でチェックインしようとすると、

「こちらに向かってた飛行機がいったん成田へ戻りました…」

!!!!

この日の関東は荒れていた模様。

富良野はあんなに穏やかだったのに…

※ この日関東地方では大雪で交通機関も
 大きな混乱があり、羽田空港は滑走路が
 閉鎖になっていたようです。


空港でご飯を食べたりしながら経緯を見守ります。

結局飛行機はなんとか飛んで来てくれる事に。

帰りの便は 2 時間遅れの 19:20 発に変更。


他の羽田行きの便は全て欠航となり、

そのお客さんもこの便になだれこみ、

スカイマークカウンターは長蛇の列。


それを横目にまったりとランチ。

富良野を思い出しオムカレー

デザートは富良野では見つけられなかった

ふらの牛乳プリンを食べました。

旭川空港は予定通り? 19:20 に離陸するも、

成田到着はまたまた遅れて 21:20。


成田は滑走路からターミナルまで遠いことに加えて、

この便はいわゆる沖止めでした。


駐機場からターミナルへはバス移動と

なるため、それにも時間をとられ、

結局、空港を出たのは 22 時過ぎ。

こうなると終電も気になってきます。

22:30 過ぎの京成スカイアクセス線の

アクセス特急に乗ろうと

ホームへ行くとそこには長蛇の列。


半ば無理矢理車内にカラダと荷物をねじこみ、

押しくらまんじゅうで東松戸へ。

最近の通勤でも味わえない猛烈に

混んだ車内でした……

その後はガラガラの武蔵野線で

何とか日付が変わる前に最寄り駅着。


駅から自宅への道には積雪が。

抵抗の多い道をキャスターバッグを

ゴロゴロゆらゆらと

揺らしながらなんとか帰宅。


この移動の数時間で疲労度はマックス……

やっぱり北海道はいい!

と、色々ありましたが、

あちらではかなり充実した 3 日間で、

またまた北海道が好きになったツアーでした!


※コロナ禍が落ち着いたらまたこんなツアーを
 やりたいものです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ