「セルフレンタカー」 de 働き方改革

本日は我が「副業」である

レンタカー業界のニュースについて。


つい先日、レンタカー業界大手の

ニッポンレンタカーから

こんなリリースがありました。

今回サービスを開始した「セルフレンタカー」について

業界人?として考察してみます。

セルフレンタカーとは

端的に言うと、

「窓口の手続きいらずで借りられるレンタカー」

と言えます。

貸渡し、返却は車載された機器によって

行われます。


あれ?「カーシェア」と同じ?

と思った方、実はちょっと違いがあります。

このサービスはあくまで

貸渡し、返却の手続きを

スマホアプリで行うというもので、

料金体系はレンタカーのそれで、

燃料代も恐らく含まれないはず

(私はまだ使ったことありません理由は後述)。


クルマを借りられるのは

現時点ではレンタカーの営業所のみ。

また、トライアル期間のため、

貸渡し、返却できるのは営業所の

営業時間に限られるとのこと。


2019 年 7 月 17 日より首都圏の

33 営業所で取り扱いを開始したこのサービスは

2019 年末までに全国展開(1,500 台)

される予定とのこと。

働き方改革の一環

この施策、労働者目線でみれば

お客様に対応する時間が軽減され、

労働条件の改善にも大きな効果がありそうです。


また、機械にて対応できますから、

将来的にはカーシェアのように

24 時間利用可能となるようですから、

営業所のさらなる営業時間短縮に

繋がる可能性があります。


最近、ニッポンレンタカーは

こういう施策が目立ちます。

それだけ従業員の待遇改善に

力を入れていることが伺いしれます。


それに比べて我が T レンタカーは、

こういう施策、IT による合理化等々

全てについて後手後手の印象です。。。

アプリが……

なお、このセルフレンタカーを

利用するためにはお持ちのスマホに

「ニッポンレンタカーアプリ」を

インストールし会員登録を済ませる必要があります。


これが実は曲者でして、

ワタクシがアプリから会員登録手続きを

進めつつ、免許証の画像を撮影するために

カメラを起動したところ

アプリがクラッシュ(強制終了)

してしまうという現象が。


結構な数の項目を入力後に

落ちてしまうもんですから、

がっかり感は相当なものです。


ニッポンレンタカーさん、

プログラム改修を早急にお願いします……

したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ