新型フォレスター国内仕様発表!

出遅れました。

昨日、いよいよ新型フォレスター

国内仕様が発表されました。

 

7 月の発売に向けて

本格的にカウンドダウンが始まりました。

本カタログ

発表の翌日である今日、

自宅ポストに見慣れた「SUBARU」の

封筒が。

 

その中身は、

新フォレスターの本カタログ、

用品カタログと価格表でした。

 

お付き合いしている

スバルディーラーの営業さんが

自宅まで届けてくださったようです

(ありがとうございます!)。

 

カタログをみて気づいた点

とりあえず、

サーッと流し読みしまして、

いくつか気づいた点を挙げてみます。

 

e-BOXER

まずは久しぶりに復活した

スバル版「ハイブリッド」について。

 

スバル社内では「ハイブリッド」と

呼ぶことをやめたようですね。

 

それもそのはずで

燃費は旧 XV、インプレッサ

搭載時より悪化しているようです。

 

搭載されるモーターの形式、

出力は過去のモデルと同一です。

 

では、変更点は?

 

といいますと、

まず、バッテリーが

ニッケル水素からリチウムイオンに

変わりました。

 

これによってモーターへの

電力の出力特性が変わるようで、

「ターボ亡き後の e-BOXER」

と開発担当者が言ったとか

言わないとか。

 

ただ、バッテリー容量(Ah)が

今回 5.5 から 4.8 へと

減っているのが少し気になります。

 

ともあれ、

これは一度実車にて

試乗してみる勝ちはあるでしょう。

 

また「アイサイト ツーリングアシスト」と

「e-BOXER」の相性なども

ぜひともチェックしてみたいところ。

フューエルリッド

もう一つは地味目のこの装備。

 

ちなみ、「フューエルリッド」とは

燃料の給油口のことです。

 

これまでのスバル車は

車内のレバーにて開ける

仕組みになっていました。

 

それが、このフォレスターでは

車外からフタを押すことで

開けることができるように

なりました。

 

これですといつでも開けることが

できてしまいそうですが、

実はドアロックと連動しており、

ドアが施錠されている時、

この給油口にもロックがかかり、

押しても開かないように

なっているそうです。

 

SI-DRIVE

最後はこれ。

 

モードを変えることによって

エンジンの出力特性が変わるという

このシステムについて、

新型フォレスターでは

「S」と「I」の 2 モードとなりました。

 

これは 2.5L 直噴、

e-BOXER どちらも共通です。

 

同形式のエンジンを積む

(直噴ではないですが)

現行のレガシィ系では S# モードが

選べるのですが、これが

今後どうなるのかは気になるところですね。

 

予習はここまで!

ということで、今回は

カタログを読んでみて

気になったことをさらさらっと

書いてみました。

 

今後、実車、

試乗車にふれる機会も

あると思いますので

またその折には

新たなエントリーで

お送りしたいと思います。

 

なお、スバルの本社ショールームでは

新型フォレスター国内仕様の

先行展示を開始したそうです。

 

「いちはやく見たい!」

 

という方は恵比寿へ急げ!

 

したっけ。

 

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ